中古車査定の超情報サイト

中古車査定ならイマウル

EV車は安くなる?電気自動車を高く売る方法

更新日:

2000年以降、発売されてきたEV車。

電気自動車ともいいますね。

ガソリンを使わないエコな車で、発売当時は次世代の車として注目されましたが、充電が面倒だったり、長距離を走れなかったりとデメリットも多いようです。

そんなEV車ですが、売却するとなるといくらぐらいで売れるのでしょうか?

ということで、今回はEV車について書いていきます。

▶︎▶︎ハイブリッド車についてはこちら

 

 

需要がないから?EV車の査定額は低くなるの?

EV車というと、燃費の良さがウリの一つですが、査定額自体は安くなる傾向があります。

それは、EV車のデメリットの部分が、売却時に出てしまうからです。

いくつかデメリットを分けて書いていきますね。

 

自宅に充電設備が必要

何と言ってもこれでしょう。

EV車を所持するにあたって、自宅に充電設備は必須です。

今までガソリンなどの化石燃料を使った車に乗ってきた人からすると、車1台購入するのに自宅に充電設備の設置が必須となると腰が重くなるのも無理はありません。

充電設備の購入・取り付け自体にも料金はかかります。

補助金などを利用したとしても全額免除になるわけではないので、車を購入する以上の金額がかかってしまうというのも難点です。

車だけでなく、充電設備も必要となると、どうしてもガソリン車の方に目がいきますよね。

 

長時間の充電が必要

これも難点の一つですね。

電気自動車をフルで充電する場合は約8時間の充電が必要です。

今すぐに車が必要となった際も、充電不足であれば運転中に充電がなくなってしまうかも・・・という不安が拭えません。

また、ガソリンスタンドで充電する場合であっても、充電器自体が少なく、充電するまでに時間を取られてしまうことがあります。

日本ではEV車は比較的普及していますが、EV車を取り巻くインフラがまだ完全に整備されていません。

ガソリン車の割合が遥かに多いので、各ガソリンスタンドもEV車ではなくガソリン車を受けようとリソースを割きます。

そのため、まだまだ充電設備が行き届いていないということです。

自宅で充電するにしても、出先で充電するにしても、どちらにしろ時間がかかるので、EV車の実情を知っている方はまず敬遠するでしょう。

 

航続距離が少ない

ガソリン車に比べて航続距離が少ないというのも難点の一つでしょう。

もっとも航続距離の長い日産リーフでもMAXで約230km、それに対してガソリン車は、満タンで300kmはゆうに超える航続距離を持ちます。

長時間の充電が必須な上に、航続距離が短いとなると、どうしても面倒くささを感じます。

燃費自体は良いかもしれませんが、余計な手間がかかってしまうということです。

 

生活の中で難点の多いEV車

ここまでの3つのポイントが大きな弊害となって、EV車を敬遠する人は多いです。

EV車の需要がそれだけないということであれば、当然相場価格も落ちます。

そのため、EV車は売却しようとしても、ガソリン車に比べて査定額は低めになることが多いのです。

 

エコカー減税の更新、EV車の売却相場は今後どうなる?

2017年にエコカー減税の適応期間が更新されました。

電気自動車が、2019年3月31日まで取得税が非課税(なし)になる法案が決まり、電気自動車に追い風が来ています。

燃費基準も平成32年度の基準になり内容が一新された上での更新です。

 

しかし、更新されたからといって、果たして電気自動車の需要は増えるのでしょうか?

恐らくほぼ増えないと見て良いでしょう。

というのも先のデメリットは解決しておらず、電気自動車を所持する上で面倒なことは解決に至ってないからです。

また、非課税になるといっても、電気設備を設置するなどの料金もかかります。

そのため、今後は電気自動車→電気自動車に乗り換える人がいても、ガソリン車→電気自動車に乗り換える人は増えない可能性が高いのです。

 

 

デメリットの大きいEV車、高く売るにはどうすればいい?

ユーザーの新規所持のハードルが高いEV車。

ニーズが少ないということは相場価格上がりにくく、それだけ査定額も上がりにくいということです。

ではEV車を高く売るにはどうすればいいのでしょうか?

 

業者間で競争させる

それは複数の買取業車であなたの愛車を取り合いにすることです。

例えばディーラーや町の買取店の場合、1対1でのやりとりになるため相手の言い値がその車の価値になってしまいます。

しかし、複数社で買取額を競争させれば、A社が30万と言うと、B社がそれよりも高い34万年を提示して来ます。

ニーズの少ないEV車ですが、買取業者としても、再販する際には確実に利益が出るように販売するので、あなたの愛車が欲しいのです。

そのため、各社がこぞって買取額を高めてきます。

 

ですが、1件1件買取店を周って、あっちの店で査定額を出してもらって、こっちの店にそれを伝えて・・・となると時間も手間もかかりますよね。

愛車をなるべく高く売ろうにも、手間や時間がかかるなら面倒になってきますよね。

しかし、手間なくスムーズに、最高額で売却できる方法はあります。

 

時間も手間もかかることなく最高額で愛車を売る方法

愛車をスムーズに、相場の最高額で売却するには一括査定サービスを利用するのが一番でしょう。

一括査定サービスは複数社に査定を一気に依頼でき、実車査定後、各社があなたの元に見積もりを出してきます。

この時点で複数社の見積もりが手に入るので、時間も手間もかかりません。

申し込み自体も、スマホやPCで1分ほどで終了するので、無料で簡単に申し込みが可能です。

あとは最高額の見積もりの内容を、電話で各社に伝えていくだけです。

下取りと比べて最高で65万円も上がったというケースがあるので、高額で売却できる可能性も十分にありますね。

少しでも高くEV社を売りたいのであれば、一括査定サービスに依頼するのが一番です!

 

 

かんたん高額で愛車を売却できる!車の一括査定おすすめランキング

CTA

CTA

-ケース別、車を高く売る方法, 車を高く売るポイント

Copyright© 中古車査定ならイマウル , 2017 All Rights Reserved.