ナビクル (元かんたん車査定ガイド)の口コミ・評判まとめ!キャンセル方法や買取の相場を徹底解説!

ネットでよく見る「ナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)」というサービス。

かんたん車販売や楽々車査定と間違えられることもありますが、車を安心して高く売れるのは『ナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)』です。

このナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)は当サイト掲載の一括査定サービスの中でも、申込数がいちばん多いサービスで、一括査定業界のシェアNo.1のサービスでもあります。

今回はそんなナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)口コミ評判や、サービスの特徴やメリット、キャンセル方法などを徹底解説していきますね。

>>ナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)の公式サイトはこちら

目次

ナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)の口コミ・評判まとめ

かんたん車査定ガイドの口コミ評判まとめ

ここではナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)の口コミ評判をまとめてみました!

 

本サイト調べの口コミ

かんたん車査定ガイドの本サイト調べの口コミ

女性:会社員(20代)

  • 車種:ダイハツ ミラ
  • 年式:2012
  • 走行距離:約62,000km

車のいらない場所に引っ越しをしたので乗っていたミラを売ることにしました。

事前にある程度覚悟はしていたものの、申込みしてからすぐに電話がどんどんかかってきてびっくりしました。

電話口の人の感じはどこの業者もよかったんですけど、ビッグモーターさんの窓口の人の対応は特によかったです。

買い取り額は色々ありましたが41万円になったので、ちゃんと業者どうしで相見積もりを出して正解でした。

男性:会社員(50代)

  • 車種:トヨタ ヴェルファイア
  • 年式:2008
  • 走行距離:約120,000km

カムリに乗り換えたくてディーラーで下取りするのと迷いましたが、かんたん車査定で最終的にガリバーに売って正解でした。

たしかに電話は多いんですが電話口の人の対応は良く、見積もり額がどの業者も高くて、カムリの頭金の足しになればぐらいで考えていたので驚きです。

買取額は最終的に148万円ほどで、自分としては大満足です。

 

SNS上での口コミや評判はどう?

かんたん車査定ガイドのSNS上の口コミ

口コミをまとめると
  • 業者から電話連絡が来て驚く人が多い
  • どの業者も対応が良くて気持ち良く車が売れる
  • 車の買取価格が高い傾向にある
  • 複数の業者で相見積もりで競合させるとさらに買取額が上がる

上記のような感じでしょうか。

ナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)は他の一括査定サービスとは違い、サービス運営元がJPUCという、業界健全化を目的とした団体に加盟しています。

そのためどの業者も対応が良く、車買取でよくあるような詐欺行為も一切ないので安心して車を売れるというのもポイントです。

車を売るにあたって「買取額・買取元の信頼」の2つを重視するのであればおすすめですね。

公式ナビクル車査定

安心して高額で車が売れる

▲目次へ戻る

 

ナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)の買取相場

かんたん車査定ガイドの買取相場

ここではナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)の買取相場を紹介します。

メーカー車種年式買取相場
スズキワゴンR200940万円
スズキラパン200840万円
ダイハツタント200865万円
トヨタプリウス2009135万円
トヨタアルファード2010288万円
日産セレナ200547万円
日産エクストレイル2009145万円
ホンダフィット200755万円
マツダMPV200665万円

上記がナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)の買取相場です。

下取りに出したことがある人はわかると思いますが、一般的な下取り額よりもずっと高い額で買取りされていますね。

10年以上前の年式の車であっても、数十万の値がついていることから、買取額に関しては期待していいでしょう。

ナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)は下取りと比べて65万円ほど買取額が上がった実績もあるので、買取額は期待できますね。

上記のとおり古い年式のものでも数十万〜から買取りされているので、年式が古い車であっても買い手がいるということもわかります。

いずれにせよ下取りに比べて高く売れることは間違いないでしょうし、まずは申し込みしてみるのがいいですね!

公式 ナビクル車査定

下取りよりも高く車が売れます

▲目次へ戻る

 

ナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)の特徴

ナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)

ナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)は、複数の買取業者に一括で車の査定を依頼できる一括査定サービスです。

主な提携業者

・ガリバー
・カーチス
・カーセブン
・アップル
・ビッグモーター
・カーボーイ
・ソッキン王
・ジャック

etc…

有名どころのガリバーやカーチス、カーセブンやアップルなど、大手買取業者とも提携しており、運営企業は大手上場企業の株式会社エイチームです。

運営企業株式会社エイチーム
所在地名古屋市中村区名駅三丁目28番12号大名古屋ビルヂング 32F
従業員数社員681名(アルバイトを除く)、役員8名
取引銀行三菱東京UFJ銀行 名古屋営業本部
三井住友銀行 名古屋駅前支店
その他IR情報東証一部上場
プライバシーマーク取得済

エイチームはエンターテインメント事業ライフスタイルサポート事業EC事業という3つの大きな事業を擁しており、ナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)はライフスタイルサポート事業の中のひとつです。

上場している大企業が運営するサービスであり、個人情報の管理・運用を遵守している証のプライバシーマークを取得しているので、安心してサービスに申し込みができますね。

上記の情報以外にも、運営元のエイチームライフスタイルは、JPUCという車買取の業界自浄団体に加盟しているので、詐欺などとは全く無縁

現に年間利用者数が35万人と、一括査定サービスの中でもシェアがダントツでトップ(2位はズバッと車買取の19万人)なので、それだけ多くの人が安心して利用しているということですね。

車の一括査定サービスは他にもいくつかありますが、安心・高額買取を求めるなら、かんたん車査定がベストですよ。

公式ナビクル車査定

年間35万人が利用する一括査定サービス

▲目次へ戻る

 

ナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)の申込みの流れ

かんたん車査定ガイドの申し込みの流れ

次はナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)の申込みの流れを説明しますね。

PCやスマホからスムーズに申込みできるので、しょうじき説明不要ではあるのですが、念のため手順を解説していきます。

 

トップのページで9つの情報を入力

上記はナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)のトップページです。

メーカー名や車種などの車両情報は選択式で選ぶだけ。

個人情報も必要最低限で、申し込みの時間はほぼかからないため、PCやスマホの扱いが苦手な方であっても5分もかからないでしょう。

また、年式や走行距離に関しては、申し込み後の概算価格が表示される画面で修正もできるので、ざっくりで問題ないです。

 

確認画面で業者とのマッチングを確認

情報の確認画面では、あなたの車を査定してくれる業者を知ることができます。

私の場合はネクステージ・ビッグモーター・タックスの3つの業者ですね。

そして画像下部にある『無料 一括査定を申込む!!』を押せば申込完了です。

 

申込完了後は概算価格と入力情報を確認

前述のメリットの部分でも紹介しましたが、上記が申込完了の画面です。

私はホンダN-BOXの査定を申込みましたが、完了画面の下部で年式や走行距離などの条件を変えて、概算価格を確認することもできます。(条件によって概算価格は多少変動します。)

あとは各業者から電話が来るのを待てばOKです。

以上がナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)の申込みの流れです。

情報の入力はすぐに終わりますし、まさに『かんたんに車の価値が知れるサービス』と言えるでしょう。

さらに申込完了後も、条件を変えて概算価格を知れるので、万が一入力情報が間違ったとしても問題はありません。

申込み時からとことんユーザーライクなサービスといえますね。

公式ナビクル車査定

1分で愛車の買取額がわかる

▲目次へ戻る

 

ナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)のキャンセル方法

かんたん車査定ガイドのキャンセル方法

査定をしたけどどうしても金額に納得できない!そんな場合はキャンセルも可能です。

ただし、キャンセルの内容によって手続き方法が変わるので、それぞれ詳しく解説していきますね。

 

売却先が決まった・売却予定がなくなったからキャンセルしたい場合

ナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)のキャンセル手順1

まずはナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)のトップページ右上にある、『お問い合わせ』のボタンをクリックorタップして進みます。

 

ナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)のキャンセル手順2

すると「よくあるご質問」という欄が見えるので、そこにある『▼登録情報の変更・キャンセルについて』をクリックします。

 

ナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)のキャンセル手順3

キャンセル申請の項目まで遷移するので、上記の通りどちらでもOKです、お問い合わせフォームのURLをクリックしましょう。

 

ナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)のキャンセル手順4

するとお問い合わせフォームの画面に変わるので、該当するキャンセル理由にチェックを入れて、個人情報を入力してすすめばキャンセル完了です。

注意!

基本的には電話を止めるためのキャンセル申請ですが、キャンセルしてから電話が止まるまでタイムラグがあります。

そのため、キャンセルしても数分~1時間ぐらいは、業者から電話が来る可能性があります。

 

買取業者と査定日の約束をしたがキャンセルしたい

ナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)のキャンセル手順5

買取業者と査定をする日時の約束をしていて、その約束のキャンセルをしたい時は、直接買取業者へ連絡してキャンセルを伝えます。

電話で伝えるのが億劫な時は、各業者のホームページからメールで連絡するのもアリですが、いずれにせよなるべく早く連絡は入れましょう。

以上がナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)のキャンセル方法ですが、キャンセル理由によってやり方が違うので注意してください。

ただ、はじめて車を売る方は、何かと面食らう場面も多いでしょうし、キャンセルという選択肢があれば安心して申し込みできますよね。

申込み時もそうですが、ユーザーが本当に安心して車を売れるよう、隅々まで配慮されているのがわかります。

公式ナビクル車査定

キャンセル可能な一括査定サービス

▲目次へ戻る

 

ナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)のメリット

かんたん車査定ガイドの3つのメリット

ここではナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)のメリットについてご紹介します。(デメリットに関しては後述)

  • 査定を申し込んだ時点で、大体の相場を教えてもらえる。
  • 申込情報の入力は9項目だけなので手間がかからない。
  • 優良な業者のみ提携しているので詐欺などとは無縁。

上記の3つがメリットとなりますが、それぞれ詳しく紹介していきますね。

 

メリット①:査定を申し込んだ時点で相場がわかる

申し込み後、すぐに上記のように車の概算の買取額が提示されます。

もちろん最終的な額は実車査定をしてからとなりますが、あらかじめどれぐらいで売れるのか知っていれば業者との交渉にも役立つでしょう。

また、概算価格自体も市場のデータを元に算出しており十分信頼のおけるデータなので、とにかくザックリでもいいから愛車の価格を知りたい!という方には嬉しいサービスですね。

 

メリット②:入力項目は9つで手間をかけずに申込みできる

ナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)の入力情報

申込みの時に入力する情報は上記の画像のとおり9つ。

車両情報が4つに個人情報が5つと、サービス名どおり『かんたん』に申込みできるようになっています。

スマホやPC操作が得意な方であれば1分以内、苦手な方でも5分もあれば申込みできるので、手間なくかんたんに申込みできますよ。

 

メリット③:運営元がJPUCに加盟していて詐欺とは無縁

JPUCは車買取の業界健全化を目的とした団体で、ナビクル運営元のエイチームも加入しています。

加入条件は厳しく、以下の条件をクリアしてはじめて加入することができます。

JPUCの参加条件

  • 入会は理事会の承認制
  • 入会には費用が発生する
  • 加入後も規定を破れば退会となる

ナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)は、これらの条件をクリアし、JPUCに加入・会員でいつづけています。

入会時には理事会の承認制のため、そもそも詐欺や悪質な行為を働いていると、会員になることはできませんし、長年運営元がJPUCの会員である以上、信頼できるサービスといえますね。

以上がナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)のメリットです。

申込みがかんたんだったり、サービス運営元が業界自浄団体に入っていたりと、とにかくユーザーが安心してかんたんに車を売れるよう配慮しています。

また、あらかじめ概算の買取価格がわかるサービスというのは、他の一括査定サービスではほとんどないので、ナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)独自とも言えますね。

公式ナビクル車査定

詐欺行為がない健全な一括査定サービス

▲目次へ戻る

 

ナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)のデメリット

かんたん車査定ガイドの2つのデメリット

ナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)のメリットの次はデメリットをご紹介しますね。

  • 提携業者が少ない
  • 一括査定なので電話が多い

上記2つがかんたん車査定を利用する上でのデメリットとなります。

それぞれ詳しく解説していきますね。

 

デメリット①:ナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)は提携業者が少ない

かんたん車査定ガイドの提携業者

ナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)の提携業者は、時期にもよりますが概ね40~50社ほどと、他社に比べて少ないです。

同じ一括査定サービスのカーセンサーは提携業者が1,000社を超えますし、ユーカーパックなどの買取オークションサービスは2,000社と、類似サービスと比べてもかなり少ないことがわかります。

そのため、依頼できる業者が限られているというデメリットがあるのです。

ただ、業者数が少ない分それだけ優良業者を厳選しているともとれますね。

 

デメリット②:一括査定サービスなので電話が多い

かんたん車査定ガイドは電話が多い

ナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)だけでなく、一括査定サイトの場合、複数の業者に一括で査定を依頼するので、当然電話が多くかかってきます。

ナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)は最大10社に一括で査定の依頼ができるので、多くの業者に申し込みすると電話もそのぶん増えるでしょう。

そして電話では各社とも以下のような内容を聞かれます。

  1. 申込時に入力した車両情報に間違いないか。
  2. 色や車検の期限などの情報。
  3. いつまでに車を売りたいか。
  4. 実車査定の日時。

どこもだいたい上記の4つを確認しますし、実際に申込内容に間違いがあると査定や買取ができないため、どこも事前に電話で確認・アポを取ってくるということですね。

このように、インターネット上で「営業電話が多くて迷惑した!」という書き込みを見るのは、多くは申し込み後にどういう流れになるかを把握していないのが理由です。

あらかじめ電話が来ることや、上記の内容を聞かれることをわかっていれば、特に驚くことはないので、安心して申し込みできますよ。

以上がナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)のデメリットです。

査定依頼できる業者が少なかったり、電話が多かったりという事実ですが、言い換えると優良業者に絞って提携し、正しく査定・買取するために電話が必要とも言えますね。

どのように考えるかは実際に使うユーザー次第ですが、事前に知っているかどうかで印象は変わるでしょう。

公式ナビクル車査定

完全無料で愛車が高額で売れる

▲目次へ戻る

 

ナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)まとめ

ナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)

運営企業が上場企業で、さらに参加業者も一般社団法人 日本自動車流通研究所に所属している業者ばかりなので、安心して申し込みしてもらえます。

申し込みもスマホやPCから1分以内に完了するので、手間もかかりません。

さらに各業者からもらう見積もりの中で、最も高いところに売却すれば相場の最高額で愛車を売却できます。

このように、かんたんに安心して車を高額で売却できるのが、ナビクル車査定(元かんたん車査定ガイド)の大きなメリットですね。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる