車売るための情報サイト

車買取・査定の情報ならイマウル

車の下取りについて

車の下取りはキャンセルできるの?ディーラーの心象は悪くならない?

更新日:

下取りに出したものの、他のディーラーの方が高かった。

買取店に査定に出してみたらそっちの方が高い見積もりが出た。

下取りをキャンセルしようにも様々な理由がありますが、この下取りはキャンセルが効くものなのでしょうか?

今回は車の下取りのキャンセルについて書いていきます。

こんな方に向けた記事です

  • 多店舗の下取額が高いからそっちで下取りしたい。
  • 買取りの方が高く売れるから下取りをキャンセルしたい。
  • 下取りをキャンセルしたいけど嫌な顔されないかな・・・
  • キャンセルした後のディーラーとの付き合いが心配

上記のような悩みを抱える方がこの記事を読むと、下取りのキャンセルがスムーズにできるようになりますよ!

 

 

車の下取りはキャンセルできるの?

結論から言うと、車の下取りはキャンセル可能です。

下取額のぶん新車が値引きされてるし、そんな新車を購入する契約を結んだからきっと無理だ・・・と考える人がほとんどですが、キャンセルは問題なくできます。

売買契約を結び、新車の下取り含む見積もりを出していたとしても、基本的にディーラーがキャンセル拒むことはないでしょう。(キャンセルができないケースは後述)

 

下取りのキャンセル理由として『他の方が高いから』は通用する?

下取りをキャンセルするにしても理由が必要ですよね。

みなさん『親戚がどうしても欲しいと言って・・・』など、仕方がないと言うしかない真っ当そうな理由を述べますが、わざわざ理由を考える必要はありません。

正直に『他が高く買い取ってくれるから』と言いましょう。

ディーラーは車販売のプロであり、下取りよりも買取りの方が高いことも知っています。

そのため、嘘をついて真っ当そうな理由を述べたところで『他が高く買い取るんだろうな』ぐらいしか考えません。

色々理由を考えるのも面倒でしょうし、理由を伝える時はハッキリと『他が高く買い取ってくれるから』と伝えるのがいいですね。

下取りはほとんどのケースにおいてキャンセルは可能ですが、ディーラー側も手続きを進めていますし、キャンセルするならなるべく早く言いましょう。

理由をどうしようか?と考えてもディーラーからするとバレバレなので、考えるだけ無駄というものです。

それよりも早い段階でキャンセルと言われる方が、手続きの手戻りもないためディーラーとしては嬉しいでしょう。

 

 

下取りキャンセルを言われた時のディーラーの心象は悪い?

下取りをキャンセルするとなると、ディーラー側で手続きが追加で発生しますし、その後の関係が悪くなるんじゃないか・・・と心配する方もいるでしょう。

しかし、結論としてはディーラーの心象は悪くはなりません。

以下は本記事を書くにあたって、ホンダのディーラーに聞き取り調査をした時の回答です。

 

ホンダのディーラーに下取りキャンセルをどう思うか聞いてみた

キャンセルということであれば、私共も拒否をすることはできないのでそこはお受けします。

ただなるべく早く伝えていただきたいのと、せめて理由はおっしゃっていただきたいですね。

他社さんで買取りに出す方が金額的にお得ということであれば、それはお客様のニーズなので私共も納得しますし。

営業マン、ひいてはディーラーでは金額では測れないサービスの部分で勝負しておりますので。

上記がホンダのディーラーが顧客より下取りキャンセルを言われた時の心象です。

ディーラーとしても理由は知りたいようで、無闇にキャンセルするよりも正直に理由を話した方が心象は良いようですね。

『他社で売る方が金額的に得である』という理由には納得してくれるようですし、買取りに出すのであれば正直に言いましょう。

意外と納得してくれるようで個人的には安心しました。

ディーラーとしては車を1台でも多く売りたいでしょうし、新車を売った後、さらに同じディーラーで乗り換えをする可能性を考えると、ディーラーとしても関係は良くしたいのでしょう。

なのでなんだか悪いなぁ・・・と思う方もいるでしょうが、長く付き合う事を考えると始めから正直に話しておくのがいいですね。

 

 

値引額に下取り分が含まれているとキャンセルできない?

新車の値引額に下取り分の額が含まれていると、キャンセルは難しいと考える方もいるでしょう。

たしかに一度は下取り含む見積もりを出しているので、大丈夫かな?と考えますが、結論としては下取り分が含まれていてもキャンセルは可能です。

ただし、ディーラーによっては下取額分を頭金に乗せて支払って欲しいと、相談を受けることがあります。

ディーラーとしても車を売るのが目的なので、お願いベースではありますが、キャンセルを受け付ける代わりに頭金を多めに・・・というのはあるようですね。

こちらとしても下取りのキャンセルをお願いしているので、可能であれば頭金を多めに支払うのが良いでしょう。

下取りをキャンセルして買取りに出すなら、頭金+下取額を求められても問題なく支払いはできるでしょう。

しかし親戚や友達にタダで譲るとなると話は別、金銭は発生しませんし、頭金の支払いが厳しくなることも考えられます。

そういった時には諦めて下取りに出すのが懸命でしょう。

また、下取りはキャンセルが比較的簡単にできるのですが、買取りとなるとキャンセルはかなり厳しくなります。

その辺りのことは以下の記事で書いてあるので、合わせて読んでみてください。

車の買取査定でキャンセルはできるの?どこまでなら無料でできる?

車の売却先は決まったけど、実はもっと高く買い取ってくれるところがあった! 車の売却において売却先の競合がより高い見積もりを出して来るなんてことは往々にあります。 そしてそんな時にキャンセルが可能かどう ...

続きを見る

 

 

引き渡し後はどのディーラーでも下取りのキャンセルは不可

大手7社のディーラーに調査をしましたが、引き取り後の下取りキャンセルはどのディーラーでも不可でした。

ディーラー 引き渡し後のキャンセル 引き渡し前のキャンセル
ホンダ 不可 可能
トヨタ 不可 可能
マツダ 不可 可能、ただし契約状況による
日産 不可 可能、ただし契約状況による
ダイハツ 不可 可能
スズキ 不可 可能
スバル 不可 可能

どのディーラーも基本的に下取りキャンセルはOKですが、下取り車の引き渡しがキャンセル可不可の分かれ目となります。

そのため、どれだけ遅くなったとしても下取り車の引き渡し前にキャンセルの申し出はしておきたいですね。

どのディーラーでも下取りのキャンセルは可能ですが、なるべくなら迷惑がかからないよう早めに伝えるのがいいですね。

引き渡し後となるともう直販の方に流れていたり、オークションに出品されるケースもあるので、キャンセルは物理的に無理と考えましょう。

ディーラー下取りの時に車の引き渡しで気にすべきこと

車の下取りとなると、自分の車をディーラーに引き渡す必要があります。 ただひとくちに引き渡しと行ってもいつ渡すのか?渡すまでにやっておくことはあるのか?などなど疑問も浮かんでくるでしょう。 今回はそんな ...

続きを見る

 

 

車の下取りはキャンセルできるの?まとめ

基本的にはどのディーラーでも下取りのキャンセルはできますが、なるべく早く伝えておきましょう。

場合によってはキャンセルする分、下取り分の額を頭金に乗せて欲しいと言われる可能性もありますし、引き渡し後ならキャンセルはできません。

ディーラー自体も下取りのキャンセルは納得して受け入れてくれるので、しのごの言わずにキャンセルしたいと思ったらすぐ連絡するのがいいですね。

ディーラーは1台でも多く車を売りたいと考えているので、ワガママを聞いてもらいやすいですが、関係が長く続くことを考えると誠実に付き合っていくのが一番でしょう。

いずれにせよ下取りのキャンセルを伝える時は、理由は正直に、なるべく早く伝えてあげるのがいいですね。

車を最高額で売れる年間35万人が利用する一括査定サイト

車を高く売るならかんたん車査定ガイドがベスト!

相見積もりで最大65万円お得になったという実績から、他サービスと比べて一番高額で売れる可能性があります。

また、JADRIやJPUCという「車業界の健全化を目的とした社団法人」に加盟している優良な業者のみと提携

そのため買い叩きをする悪質業者はおらず、初めて車を売る方には特におすすめですね。

年間利用者数も35万人と、数ある一括査定サービスの中でダントツのシェア!

愛車を高額で、そして安心して売却したい方は「かんたん車査定ガイド」で決まりです!

\ 無料で車を高く売れる! /

公式URL:a-satei.com

かんたん高額で愛車を売却できる!車の一括査定おすすめランキング

ランキング

ランキング

-車の下取りについて

Copyright© 車買取・査定の情報ならイマウル , 2019 All Rights Reserved.