旧車を最も高く売るたった一つの方法とおすすめの買取先をご紹介

更新日:

マニアにはたまらないクラシックカー。

旧車と呼ばれるクラシックカーですが、性能云々ではなく、その車が持つ世界感によって、今でも世界中に多くのファンがいます。

今回はそんなクラシックカーの売却について以下のような方に向けて書いていきますね。

  • 旧車を手放したいけど、どこに売るのがベスト?
  • 手間なく売りたいけど、近くの買取店でもOK?
  • 旧車はやっぱり専門店に持ち込むべき?

 

 

旧車は何も考えずに売ると損をする!クラシックカー売却の失敗パターン

クラシックカーの場合、売り手と買い手の双方とも知識がない場合があり、「ネットで車種を調べたら○○円ぐらいだから」と、簡単に納得して売ってしまう人もいるようです。

自分の車には詳しくても市場を知らず、安くで売って損をしてしまっているんですよね。

そもそもクラシックカーと、普通車では車の市場が違います。

 

普通車は一般的に多くの人が買い求めますが、そもそもクラシックカーの熱狂的なファンは一部の人だけです。

しかしそういった背景を知らずに旧車を売って、その結果『安く買い叩かれた・・・』というパターンが以下の図です。

 

これが旧車の売却で失敗するケースNo.1のパターン。

車の価値(買取額)は需要で9割がた決まります。

そのため何も知らずに一般の車同様に売ろうとすると、相場通りの額では売れず、結果的に損をするのです。

また、そもそも旧車自体が価格の変動がしやすいという特性があるため、価値がわからない相手であれば尚のこと買取額は安くなるでしょう。

この価格の変動ですが、普通車とは違って、実は年式が大きく関わってきます。

 

年式で変わる旧車の市場価値とは

旧車の価値は日々変動していますが、どれぐらい変動するかは、車種の他に年式が深く関わってきます。

例えば変動幅が最も高いのは60年・70年式です。

逆に年式が高いものになればなるほど変動の幅は小さくなります。

 

これは古いものになるほど、その車の価値を見定める知識や目が求められるからです。

古いものを鑑定・評価するとなると、できる人は限られてきますし、同時に欲しいという人も限られてきますよね。

そのため変動の幅というのは大きくなりがちなのです。

 

旧車は市場に詳しく価値がわかるところに売るのがいい?

旧車は価値の変動が大きく、査定評価がバラツキやすいというのが特徴です。

では旧車の価値を理解し、市場にも詳しいところに売るのがベストなのでしょうか?

答えは半分正解であり、半分ハズレです。

 

まず旧車の価値を理解しているところに売るというのは間違いないのですが、『価値を理解している業者』を探すハードルが高すぎます。

特に旧車ともなれば査定をする人間よって買取額も変わるので、誰が一番知識を持っているか・・・なんてテストをやるのは現実的ではないですよね。

なので誰が(どの業者が)一番価値を理解しているか?というのは買取額で判断するのがベストであり、そこでおすすめなのが一括査定サービスです。

 

かんたん車査定ガイド

一括査定サービスはその名の通り、複数の買取業者で相見積もりを取ることができるサービスです。

先に述べたように、価値がわかる=買取額がもっとも高いところに売るのが旧車の売却において合理的でベストな選択。

なので相見積もりが取れる当サービスは旧車の売却にうってつけなのです。

 

旧車の売却における一括査定と他の売却方法の違い

売る前の注意点:行動ができる人限定

正直『売り方の工夫』さえやれば、ほぼ間違いなく買取額は上がります。

車を売る主な方法は3つあり、この売り方によって実際の買取金額は変わってきます。

特に変動の大きい旧車であれば、尚のこと売り方で大きく変わってきます。

主要な売り方としては、車を下取りするディーラー町の買取店・それと一括査定ですね。

このディーラー&買取店と一括査定では車の売却の方法が大きく違い、その違いが価格に大きく影響します。

 

一括査定と買取店・ディーラーの違いって?

例えば買取店やディーラーの場合、相手と1対1のやりとりとなるため、相手の言い値で車の売却額が決まります

そのため、言い値で納得してしまった場合、安く買い叩かれる可能性があるのです。

 

特に旧車の場合は年式が古いのが普通なので、価値を判断できない相手が適当な買取額を提示してくる可能性はぬぐえません。

では一括査定の場合はというと・・・

 

一括査定の場合はサイトを通して複数業者に査定を依頼します。

各業者は車を買い取った後、再販することで利益を得ているので、必然的にあなたの車を自社で買い取ろうと競争になります。

この競争の中でもっとも高い買取額を提示してきた業者が、あなたの車の価値をもっとも理解していると判断し、売却をしましょう。

この一括査定ですが、いくつか存在するので当サイトおすすめのサービスをいくつか紹介しますね。

 

旧車を相場の最高額で売却可能な
一括査定サービスランキング

 かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド

かんたん車査定のポイント

  • 申込み完了画面で、大体の相場を教えてもらえる。
  • 申込みは45秒で終わるので空いた時間で申込みできる。
  • JADRIに所属する優良な業者のみ参加
  • 査定額に納得がいかない場合はキャンセル可

かんたん車査定ガイドは買い叩きが無く安心して車を売却できるサービスです。

一番のポイントはJADRIという、業界健全化を目的とした団体に加盟している業者のみと提携している点。

そのため、価値が変動しやすい旧車でも買い叩きはありえません。

下取りよりも最大で65万円以上、査定額が上がった例もあり、愛車を安心して高く売りたい方はかんたん車査定ガイドで決まりです!

 


 

 ユーカーパック


ユーカーパック

ユーカーパックのポイント

  • 買取業者からの営業電話が全くない。
  • 最大2,000社がオークションに参加するので、買取額が上がりやすい。
  • 車両情報のみで買取額が決まるので、個人情報が業者に流れない。

ユーカーパックは一括査定と違い、オークション形式の車の買取サービスです。

一番のポイントは、一括査定でよくある買取業者からの営業電話は一切なく、連絡はユーカーパックからのみ!

最大で2,000業者がオークションで競うので、各社が競争となり、必然的に需要が高まるようになっているので高額買取の期待大です。

個人情報の取り扱いに敏感なかたでも安心して利用できるのがユーカーパックの魅力です!

 


 

 カーセンサー

カーセンサー

カーセンサーのポイント

  • 事故車の買取も他サービスに比べて積極的。
  • 希望時間を伝える項目があるので、仕事の時間などを避けてやりとりが可能。
  • 住まいの近くの買取業者から、複数者を競争させることができる。
  • 運営会社が大手リクルートグループのため、安心して売却ができる。

カーセンサーはあの上場企業であるリクルートが運営する一括査定サービスで、事故車や商用車も査定してくれます。

また、ワケアリ車の買取に積極的な業者も登録しているので売れるかどうか不安・・・という方はカーセンサーがおすすめです。

登録は90秒で完了、仕事の合間や終業後など、時間指定ができるのも魅力ですね!

 

初めて車を売る方は「かんたん車査定ガイド」がおすすめ

▶▶かんたん車査定ガイド

業者間の相見積もりで、過去最大で65万円お得になったという実績から、他の査定サービスよりも一番高額で売れる可能性があります。

また、かんたん車査定ガイドはJADRIという「車の流通の透明化、健全化を目的とした社団法人」に加盟している優良な業者だけが提携しています。

そのため不用意な買い叩きをする悪質業者はおらず、初めて車を売る方には特におすすめですよ!

 

専門業者も候補の一つとしておすすめ

外車王

外車王は外国産車に特化した買取専門店で、外車しか買取していません。

そのため、市場価値もしっかり把握しており、知識のない人間に安く買い叩かれるということはないでしょう。

外車王のポイント

・輸入車専門15年の実績
・数千人の顧客へ直接販売するため、売り先に困らず高額買取が可能
・自社修理により削減できるコストを減らし、買取額に反映
・2重査定(後から値下げする行為)は一切なし

このように、海外産の旧車を売るのであれば、実績もある外車王に売却するのも一つの方法ですね。

 

旧車を最も高く売るたった一つの方法

何も考えずに売ると絶対的に損をするのが旧車。

そのため、旧車の売却相手が価値を理解しているか?という点には神経を尖らせる必要があるでしょう。

しかし、なにをもって『価値を理解しているか?』というのは判断がしづらいです。

そのため相手があなたの旧車を理解しているかどうかについては、買取額をもって判断するのが合理的です。

手っ取り早く買取額を知るのであれば、一括査定サービスを使うのがいいですね。

古い年式になればなるほど、価値を理解できる人も少なくなっていくので、なるべく多くの買取業者に愛車を見せて、もっとも買取額が高い=あなたの車の価値をもっとも理解しているところに売るのがベストですよ!

かんたん高額で愛車を売却できる!車の一括査定おすすめランキング

ランキング

ランキング

-車売るための方法まとめ

Copyright© 車売るための情報サイト【中古車査定・買取ならイマウル】 , 2019 All Rights Reserved.