下取り車はどうする?新車が納車されるまでの下取り車の取り扱い

投稿日:

車を安く買うにあたって、今乗っている車を下取りに出す人がほとんどです。

しかし、人気の車種ともなると新車の納車まで日があくこともしばしば。

最長で納車まで半年以上かかるケースもあります。

今回はそんな新車が納車されるまで、下取り車をどのように扱うべきかについて書いていきますね。

 

 

下取り車は新車が納車されるまでそのままが吉

下取り車は新車が納車されるまで、なるべく走行せず、そのままの状態で保管をしておく方が良いです。

というのも、下取りと新車の購入が決まって、いざ下取り車を引き渡すまでに車になんらかの損傷があると、下取り額が下がってしまうからです。

ここでは、下取り車をディーラーに引き渡すまでの3つのリスクについてご紹介します。

  • 走行距離が伸びると価値が下がる
  • 匂いや汚れ、シミがつくと下取り額がマイナス
  • 事故を起こしたら自分の保険を使う+下取り拒否となる場合も

 

走行距離が伸びると価値が下がる

日常的な出勤などは問題ありませんが、旅行などの遠出に下取り車を使うのはやめましょう。

車業界の走行距離の平均は1年ごとにプラス1万kmという計算で、一ヶ月換算でだいたい800~900km。

これを超えてくると、平均よりも長距離を走っているため、価値が下落する恐れがあります。

これは下取りだけでなく買取りも同じで、走行距離が適正かどうかは車の価値にダイレクトに影響します。

>>【過走行車の買取】車の走行距離が査定におよぼす影響とは?

【過走行車の買取】車の走行距離が査定におよぼす影響とは?

車を売る時に気になる要素の一つに『走行距離』があります。 何万kmも走っている過走行車となると、なおのこと安く買い叩かれるんじゃ・・・と不安になる人も多いでしょう。 今回はそんな過走行車の売却ならびに ...

続きを見る

 

匂いや汚れ、シミなどがつくと下取り額がマイナスとなる

匂いや汚れ、シミなどがつくと当然下取り額は下がります。

掃除できるものであれば引き渡し前に車内を綺麗にしたら消えますが、食べかすや飲み物をこぼして放置しておくと確実に跡が残るので、車内で飲食する人が注意が必要ですね。

また、たばこを吸う人は車内喫煙は絶対にやめましょう。

消臭したとしてもフィルターに匂いがこびりついて取れないので、下取りが決まったら車内の飲食や喫煙はやめておきましょう。

>>喫煙車と禁煙車の違いは査定にどれだけ影響する?車を売る時のたばこの臭いや焦げについて

no image
喫煙車と禁煙車の違いは査定にどれだけ影響する?車を売る時のたばこの臭いや焦げについて

私もよく車でタバコを吸いますが、ちょっと外に出て車に戻ってくると臭いが染み付いているのがわかります。 あとはタバコの灰が落ちてたり、ともすると火がまだ消えていなくてコゲてしまったり・・・ 実はこういっ ...

続きを見る

 

事故を起こしたら自分の保険を使うのと下取り拒否となる場合も

下取り車を引き渡すまでに事故を起こしてしまうと、自身の保険を使うことになります。

さらに修復歴がついてしまうと、修理したとしても車の価値は下がります。

また、ちょっとした傷なら修理か、若干の下取り額の下落ですみますが、全損レベルとなると修理したとしても下取り拒否となる場合もあるでしょう。

>>査定に響く!?事故歴車と修復歴車は買取に影響するの?

査定に響く!?事故歴車と修復歴車は買取に影響するの?

車を売るにあたって気になるのが事故の経歴。 かすった場合であっても、事故であれば事故歴が残って査定に響くのか気になりますよね。 今回は車の事故歴や、何が車の査定に響くのかを書いていきます。 具体的には ...

続きを見る

 

下取り車は引き渡すまでそのまま保管がベスト

上記の3つの理由からそのまま保管しておくのがベストです。

そしてできれば屋根付きのところに保管するのがいいでしょう。

というのも以下のような例もあるからです。


台風の影響で・・・というのはレアケースですが、ただの雨風にさらされてるだけでも車は汚れて劣化してきますし、なるべく雨風をしのげる場所で保管するのがいいですね。

下取り車を引き渡すまでは、実質他人の車を自分で保管しているようなものです。

そのため何かあれば自分で補償する必要があるので、可能な限り外的要因を防ぐ環境で保管しましょう。

また、下取りが決まった時点で下取り車に乗るのは辞め、可能であれば代車を用意してもらうのがいいですね。

>>ディーラー下取りの時に車の引き渡しで気にすべきこと

ディーラー下取りの時に車の引き渡しで気にすべきこと

車の下取りとなると、自分の車をディーラーに引き渡す必要があります。 ただひとくちに引き渡しと行ってもいつ渡すのか?渡すまでにやっておくことはあるのか?などなど疑問も浮かんでくるでしょう。 今回はそんな ...

続きを見る

 

 

納車まで期間が空くと、下取り額は下がる

人気車種となると納車まで半年以上・・・なんてこともあります。

そのため、下取りと購入が決まってから納車までに期間が空くと、納車と下取り車の引き渡し時に再度下取り査定をするケースがあるのです。

車の価値は時間と共に下がっていくもの・・・

そのため再査定をすると、売買契約をした当時よりも下取り額は間違いなく安くなります。

ではどうすればいいかというと、なるべく早く引き渡して、代車を借りましょう。

 

納車まで期間が空く場合は下取り車を早く引き渡す

納車まで期間が空くと、そのぶん下取り額が下落する恐れがあるので、なるべく早く引き渡しましょう。

そして可能であれば代車を用意してもらい、代車で生活するのがいいですね。

このあたりはディーラーとの交渉次第なので、売買契約時に相談しておきましょう。

新車の納車が長くなるようであれば、早期引き渡し+代車の要求は必須と言えます。

ただあまりにも長期となるとさすがに断られる可能性があるので、その時は下取りではなく買取りに出すのもいいでしょう。

買取りは基本的にすぐに車を引き渡すことになるので、車の価値が高いまま手放すことができますしね。

そこから買取額を新車の頭金に充てて、納車まではレンタカーで生活するのも一つの手です。

いずれにせよ数ヶ月先に下取り車を手放すのは非常にもったいないので、なるべく早く手放す買取りを検討するのもアリですよ。

>>下取りは損!?ディーラーで車を下取りするメリット・デメリットを比較!

下取りは損!?ディーラーで車を下取りするメリット・デメリットを比較!

  車を乗り換える場合、ディーラーで下取りのが本当にベストなのでしょうか? 私自身、昔からずっと謎だったので、今回はそんなディーラーで下取りする際のメリット・デメリットを書いていきますね。 ...

続きを見る

 

 

新車が納車されるまでの下取り車の取り扱いまとめ

新車の納車まで日にちがあるから今の車に乗っとくかー!というのはリスクがあるので、絶対にやめておきましょう。

可能であれば屋根付きの保管庫で、引き渡し当日まで保管しておくのがいいですね。

そしてそもそもの話になりますが、納車まで期間が空く場合はなる早で下取り車を渡して代車で生活するのがいいです。

代車を使う期間やディーラーとの交渉次第ですが、下取り車の価値が下がるのもおかしい話ですよね。

再査定で下取り額が下がるなら、買取りに出して、買取額を頭金として納めるのも検討しましょう。

愛車を相場の最高額で売れる買取査定サービス!
車を高く売るならカーセンサーがベスト!

全国にある2,000を超える業者の中から、自分の車に合った業者に査定が依頼ができるので、ボロボロの古い車や事故車も高額買取!

メーカー下取りよりも43万円アップで売却できた実績もあります!

>>カーセンサーに申込む
かんたん高額で愛車を売却できる!車の一括査定おすすめランキング

ランキング

ランキング

-車の下取りについて

Copyright© 車売るための情報サイト【中古車査定・買取ならイマウル】 , 2019 All Rights Reserved.