古い車を確実に売るたったひとつの方法!売却できる3つの理由と買取相場も紹介

更新日:

もう何年も乗ってるけど売れるのかな・・・

自分だったら古い車なんて絶対買わないし、買う人なんていないだろうな・・・

実際その通りで、古い車を買う人は日本にはいないでしょう。

しかし、日本にいないだけで海外では日本の中古車の需要が高く、簡単に売却できることは知っていますか?

今回はそんな古い車でも売却できる3つの理由から、失敗しない売却方法について紹介しますね。

具体的には・・・・

  • とにかく引き取り手を探してる!でも売れるなら売ってお金にしたい!
  • お金に困ってるけど、売れるものは古い車しかない・・・
  • 古い車ではあるけど、自分としては大切に乗ってきたからそれなりの値段で売却したい。

上記のような悩みを持っている人が本記事を読むと、古い車をちゃんとした額で簡単に売却できるようになりますよ!

 

 

古い車を売却できる3つの理由

まず結論からいうと、古い車であっても売却は十分可能なのですが、それには3つの理由があります。

  1. 海外では日本の中古車ニーズが高い
  2. 走行不能の場合はパーツにバラして売却
  3. 日本では売れなくとも海外ではプレミアがつく

上記3つがその理由ですが、車は車体からパーツまで、それこそ鉄クズになっても価値があります。

そして価値がある限り、ニーズがあるところに売れば売却はできるということです。

さて、ではどういう理屈なのか、詳しいところを1つずつ説明していきますね。

 

日本の中古車は海外の需要が高い

テレビの街角インタビューなどで『日本の製品は素晴らしい』なんてコメントを海外の人が言ってますが、それは車においても同じ。

海外では日本の車は壊れにくく、長距離・長期間乗れると好評で、すごくニーズがあるんです。

現に2018年の車の輸出台数は約133万台、楽天カードのCMじゃありませんが、約23秒に1台は海外に輸出されている計算ですね。

(一番輸出されているのはドバイがあるアラブ首長国連邦で、年間約13万台も輸出されています。)

 

この背景には日本と海外の車の税金が大きく影響します。

ここ日本では走行距離が10万kmを超え、10年以上も乗っているともうボロボロじゃんという認識ですよね?

13年を超えると税金がさらに高くなるので、古くなる前に乗り換える方がほとんどです。

しかし、前述のアラブ首長国連邦や他の国では、日本のように税金が高くない、もしくは税金そのものがない国もあります。

こういった背景から、日本の古い中古車は安く買えて長く乗れるので、コスパが高く人気ということですね。

 

走行不能の場合はパーツにバラして売却

古くて劣化が激しく運転ができない車は、バラしてパーツとして国内販売もしくは輸出します。

車種によってはメーカー側でスペアパーツの生産が終了していることもあるので、同型車を修理して長く乗りたい人に需要があるのです。

また、海外では国によって車体の輸入を禁止している国もあり、そういった国やパーツ需要が高い国には、パーツとして輸出しています。

 

引用元:https://footen.exblog.jp/22893717/

たとえば発展途上国では道路整備が行き渡っていないので、車の劣化が日本の比じゃありません。

しかし日本のように壊れたから買い替えとはならず、パーツ交換で修理を行って乗り続けるというのが一般的なのです。

このように車体として売れなくても、パーツとしての需要が国内・海外ではまだまだあります。

 

日本では売れなくても海外ではプレミアがつく

映画やテレビで見る海外の車ってほとんど左ハンドルですよね?

しかし、アメリカでは25年、カナダでは15年経つと右ハンドルの車も輸入・販売・走行ができるので、一部では右ハンドル車も輸入してるんです。

そして10年以上経った車でも、ある一定の年数から価格がガツンと上がるということも珍しくありません。

あくまで一部のケースですが、スポーツカーやオープンカー系の車は古い車から『旧車』と、呼ばれ方も変わって価値がひっくり返るケースもあるぐらいです。

以上の3つの理由から、買い手が再販して利益を得られるなら、古い車でも売却はできるということです。

しかし、あくまで再販して利益を得られるかがポイントなので、たとえばディーラーに古い車を下取りに出しても値段はつかないでしょう。

あれ?売れるんじゃないの?と思った方もいると思いますが、古い車をディーラーで下取りに出せないのには理由があります。

 

 

なんでディーラーの下取りで古い車は値段がつかないの?

古い車を売って新車に乗り換えを検討している方もいると思います。

しかし、ディーラーに下取りに出しても値段がつなかないことがほとんどでしょう。

それには2つの理由があります。

 

下取りは国内中古車オークションの最低価格が基準

ディーラーの下取り価格は、『国内』中古車オークションの最低価格が基準です。

前述の古い車でも売れる3つの理由の通り、古い車は海外に輸出されることがほとんどです。

それは国内需要がなく海外需要の方が高いからで、国内オークションを基準とする下取りでは、当然価値なしと判断されてしまいます。

 

ディーラーは古い下取り車を再販するルートを持っていない

ではディーラーも海外に輸出すればいいのでは?と思う方もいるでしょう。

しかしディーラーはバラしてパーツを再販したり、海外輸出の再販ルートは持っていません。

持っていないというより、車の輸出で利益を上げることは考えていないと言う方が正しいですね。

ディーラーの本分はそもそも車を売ることなので、下取り車の再販利益は度外視していると言っていいでしょう。

国内中古車オークション基準+再販ルートを持たない、この2つが理由で古い車を下取りに出しても値段がつくことはないでしょう。

そのため新車に乗り換えを検討している方も、古い車を売るなら下取りよりも買取りです。

買取りであれば海外輸出ルートを持つ業者がいるので、古い車でも売却は可能でしょう。

では具体的に売るとしたいくらで売れるのか?次は古い車の買取相場を紹介しますね。

 

 

10年落ちでも買取は可能!古い車の買取相場を調べてみた!

車種 グレード 買取額
プリウス G 41.6万円
アクア G 29.2万円
ステップワゴン G 15.8万円
フィット X 13.5万円
オデッセイ L 31.9万円
セレナ 20G 24.1万円
キューブ 15G 16.7万円
エルグランド 250V 43.6万円
エクストレイル 20GT 58.7万円
MPV 23S 22.8万円
フォレスター 2.0X 27.2万円
ヴォクシー ZS 煌II 44.4万円
ワゴンR FX 11.6万円
ジムニー ランドベンチャー 47.2万円
ムーヴ L 10.7万円
タント L 12.8万円
アルト G 7.3万円
ミラ L 7.5万円

ナビクルより引用

上記の表はナビクルに掲載されている、10年落ちかつ走行距離10万km以上の買取相場です。

高いもので50万円以上、軽自動車などの劣化が進みやすい車でも5万円以上で売買されていますね。

また、ここには掲載していませんが、発売開始の2011年式N-BOXも10万km走っていても35.5万円と、十分買取額がついています。

このように古い車はまだまだ十分に売却が可能、それに車種によっては高額買取りの可能性があります。

さらにあくまで相場なので、上記金額以上に買取りしてもらうことは可能です。

ただ、それにはちょっと売り方を工夫する必要があるので、次は古い車を売るための売り方の工夫について紹介しますね。

 

 

古い車を売るならどこが正解!?失敗しない売り方の工夫

さて、ここでは古い車を買取りに出しても失敗しない売り方の工夫についてご紹介しますね。

まず最初に、買取りに出すと言っても何も考えずに古い車を買取りに出すと、間違いなく失敗します。

たとえば近くの買取り店に古い車を持って行ったとして、まず間違いなく無料引き取りか、有料の廃車引き取りとなるでしょう。

というのも上記の図の通り、相手からすると1対1の交渉となるので、いくらでも言い値で買い叩けます。

「有料で廃車で受け付けるか、出来て無料で引き取るかですね・・・たぶん他(の買取店)でも同じですよ?」

なんて言われると、しぶしぶ引き渡すしかなくなりますよね。

なので古い車を買取りに出す時は売り方の工夫が必要で、どんな工夫かというと一括査定を使うことです。

 

カーセンサー

一括査定サービスは複数業者に一括で査定を依頼し、業者間で相見積もりをとれるサービスです。

そしてこのサービスの一番の特徴は、あなたの車を自社で買取ろうと、各業者で勝手に競争が始まって買取額が上がっていくことです。

 

各業者が買取りに名乗りを挙げ、自動的に各業者で買取競争になる仕組みなので、買取額がオークションのように上がっていきます。

あとは一番高額の見積もりを出した業者に車を売却すれば、古い車といえど十分な金額で売却ができるでしょう。

ただでさえ車は買い叩かれやすいので、古い車であれば尚のこと『売り方を工夫』することは必須です。

次は当サイトおすすめのサービスをご紹介するので、愛車を売る際の参考にしてみてくださいね。

 

古い車でも売却可能な
一括査定サービスランキング

1 カーセンサー

カーセンサー

カーセンサーのポイント

  • 他サービスに比べて古い車の買取りに積極的。
  • JPUCという業界健全化の団体に加入している。
  • 希望時間を伝える項目があるので、仕事の時間などを避けてやりとりが可能。
  • 一括査定サービスの中でも提携社数が一番多い。
  • 運営会社が大手リクルートグループのため、安心して売却ができる。

カーセンサーはあの上場企業であるリクルートが運営する一括査定サービスで、ボロボロの車や動かない車の売却におすすめです。

というのも提携社数が2000社もあり、ワケアリ車の買取に積極的な業者も登録しているので、古い車でも欲しい!と言ってくれる業者と出会えます。

登録は90秒で完了、仕事の合間や終業後など、時間指定ができるのも魅力ですね!

ワケアリ車を安心して売りたい時はカーセンサーがおすすめですよ!

 


 

 ユーカーパック


ユーカーパック

ユーカーパックのポイント

  • 買取業者からの営業電話が全くない。
  • 多数の業者がオークションに参加するので、買取額が上がりやすい。
  • 車両情報のみで買取額が決まるので、個人情報が業者に流れない。

ユーカーパックは一括査定と違い、オークション形式の車の買取サービスです。

一番のポイントは、一括査定でよくある買取業者からの営業電話は一切なく、連絡はユーカーパックからのみ!

多くの業者がオークションで競うので、古い車でも買い手が見つかりやすいという点も注目ですね。

個人情報の取り扱いに敏感なかたでも安心して利用できるのがユーカーパックの魅力です!

 


 

3 かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド

かんたん車査定のポイント

  • 申込み完了画面で、大体の相場を教えてもらえる。
  • 申込みは45秒で終わるので空いた時間で申込みできる。
  • JADRIに所属する優良な業者のみ参加
  • 査定額に納得がいかない場合はキャンセル可

かんたん車査定ガイドの一番のポイントはJADRIという、業界健全化を目的とした団体に加盟している業者のみと提携している点。

そのため、古い車といえど買い叩きはありえません。

申し込みと同時にあるていど概算の価格がわかるのもいいですね。

下取りよりも最大で65万円以上、査定額が上がった例もあり、愛車を安心して高く売りたい方はかんたん車査定ガイドで決まりです!

 

初めて車を売る方は「カーセンサー」がおすすめ

カーセンサー

初めて車を売る方、特に古くて売れるかどうか不安な方は、カーセンサーを使うのがベストです!

他の一括査定や車買取系サービスは多くて数十〜300社ほど、対してカーセンサーは2000社もあるので、あなたの車が欲しいという方に確実に出会えます。

申し込みにあたり入力する内容が多く感じるかもしれませんが、その分あなたにベストな買取業者とマッチングしてくれますし、登録にかかる時間は他のサービスとほとんど変わりません。

古い車が売れるか不安な方こそ、カーセンサーを使うべきですよ!

 

 

古い車を売るたったひとつの方法まとめ

年式が古くても車は売却できますが、可能であればアラブ首長国連邦などの、日本のメインの輸出国に売却ルートを持っているところに売るのが最適解です。

しかし、どの業者がどの国の輸出ルートを持っているのか、はたから見てもわからないでしょう。

その点、先に紹介したカーセンサーは提携業者が2,000社と業界トップの提携数なので、国外に輸出ルートを持つ業者と出会える確率がもっとも高い一括査定サービスといえます。

輸出ルートを豊富に持つ業者と出会うためには、より多くの業者に見てもらう。

そしてそれらを効率良くやるために、一括査定を使うのがベストですね!

最後に本記事でご紹介した一括査定サービスをもう一度紹介しておきますね。

かんたん高額で愛車を売却できる!車の一括査定おすすめランキング

ランキング

ランキング

-車売るための方法まとめ

Copyright© 車売るための情報サイト【中古車査定・買取ならイマウル】 , 2019 All Rights Reserved.