傷やへこみは買取査定に響く?傷だらけの車を高額で売却する方法

更新日:

車を売る際になんといっても気になるのが傷や凹み。

 

気になりすぎて自分で直そうとすると逆に悪化したりするんですよね・・・。

今回はそんな車を売る際の傷や凹みについて書いていきます。

具体的には・・・

 

  • これから車を売るけど傷は直した方がいいのか?
  • 傷や凹みっていうけど、どのぐらいならOK?
  • 凹みが気になるけどこのまま査定に出した方がいい?
  • 傷や凹みがあっても愛車を高く売りたい!

上記のような悩み・不安を持つ方はこの記事を読むことで、安心して愛車の売却ができますよ!

 

気になる傷や凹みの査定基準

車の査定をする際には、車両が問題なく走るかなどの他に、傷やへこみ、汚れがあるかを見られます。

この査定の判断基準は、一般社団法人 日本自動車査定協会、通称JAAIで決められた基準があります。

 

  • 外装内装は無傷であること。
  • エンジンや足回りなどは、走行に支障がないこと
  • 次回の車検まで、3ヶ月以内
  • 走行距離が常識の範囲内であること
  • タイヤの溝は、最低でも1.6mm以上
  • 事故や修復の痕、改造がされておらず、腐食・匂い等がないこと

上記の6つがJAAIが定める標準である車両の定義です。

外装内装は無傷であること。なんて書いていますが、車を乗る限り無傷ですむはずがありません。

かすり傷一つで、はい減点!というのもおかしい話しですよね。

そうです。これらはあくまで標準の車両としての定義なので、実際はもっと細かく査定の項目が決められています。

 

基本的に車の傷や凹みは1cm未満のものであれば減点対象となりません。

とはいえ、いくら1cm未満といっても穴が空いているぐらいのものであれば、減点対象になることは確実です。

この1cm未満という基準は、かすり傷ぐらいで考えた方が良いでしょう。

 

 

車の傷は修理せずに売却するのが鉄則

結論から言うと、傷や凹みは修理せずそのまま査定に出してしまった方が良いです。

上記の図は修理して売却する場合と、修理せずに売却する場合の比較グラフです。

この比較グラフを見てもわかる通り、傷を修理したところで、修理額をペイできるぐらい査定額は上がりません。

せっかく査定額を上げるために修理しても、手元に残るお金が減るので結果的に損でしょう。

 

なので修理が必要な場合は、修理をせずにそのまま手放してしまうのが正解です。

では売却するにあたって、なるべく高く売るにはどうすればいいのでしょうか?

つぎは失敗しない売却方法について買いていきますね。

 

 

傷や凹み、訳あり車の売却で失敗しない方法

そもそも車を売る方法としては、上記の3つがあります。

車を下取りするディーラー、買取りを主とする町の買取店・それとネットの一括査定ですね。

方法は様々ありますが、このディーラー&買取店と一括査定では車の売却の方法が大きく違い、その違いが価格に大きく影響します。

 

訳あり車を売る際の下取り・買取と一括査定の大きな違い

例えば買取店やディーラーの場合、相手と1対1のやりとりとなるため、相手の言い値で車の売却額が決まります

そのため、言い値で納得してしまった場合、安く買い叩かれる可能性があるのです。

特に傷が多い車は、相手も足元を見てくる可能性が高いので、なおのこと買い叩かれる恐れがあるでしょう。

 

そこでおすすめなのが一括査定サービスです。

 

かんたん車査定ガイド

一括査定はサイトを通して複数業者に車の査定をできるサービスです。

申し込みもスマホやPCから可能で、もちろん車を売るにあたっての手数料は1円もかかりません。

 

一括査定の提携業者は車を買取った後、再販することで利益を得ているので、必然的にあなたの車を自社で買い取ろうと競争になります。

そのため各業者が競争した結果、売却額がオークションのように上がっていき、結果としてあなたの車が高く売れるということですね。

 

この一括査定ですが、いくつか存在するので当サイトおすすめのサービスをいくつか紹介しますね。

 

傷や凹みのある訳あり車も高額で売却できる一括査定サービスランキング

 

かんたん車査定

かんたん車査定ガイドは、最大10社に見積もり依頼が可能で、車を下取りするより平均16万円お得になるサービスです。

申し込みも45秒のカンタン入力!

下取りよりも最大で65万円以上、査定額が上がった例もあり、愛車を高く売りたい方はかんたん車査定ガイドで決まりです!

ユーカーパック

ユーカーパックは一括査定と違い、オークション形式の車の買取サービスです。

全国の買取業者があなたの車をいくらで買うかをオークションで競うので、必然的に買取額も上がっていきます。

また、一括査定でよくある買取業者からの営業電話は一切ありません。

買取業者との間にユーカーパックが入るので、個人情報が複数の業者に流れることがなく、安心して利用してもらえますよ!

カーセンサー

カーセンサーはあの上場企業であるリクルートが運営する一括査定サービスです。

最大で30社に査定依頼が可能で、事故車や商用車も査定してくれます。

申し込みも90秒で完了するので、ワケアリ車を売りたい時などはカーセンサーがおすすめですよ!

 

初めて車を売る方は
「かんたん車査定ガイド」がオススメ!

▶▶かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドは相見積もりで最大65万円お得になったという実績から、他の査定サービスよりも一番高額で売れる可能性があります。

また、かんたん車査定ガイドはJADRIという「車の流通の透明化、健全化を目的とした社団法人」に加盟している優良な業者だけが提携しています。

そのため不用意な買い叩きをする悪質業者はおらず、初めて車を売る方には特におすすめですね。

傷や凹みのある車を安心して売却したい方は「かんたん車査定ガイド」で決まりです!

 

 

 

どうしても自分で傷を直したい時は

浅い擦り傷であれば、タッチペンを使えば傷を消せますよね。

しかしタッチペンを使えばOKといえど、ムラができたり気泡ができたりと失敗する可能性もあります。

ネット上では失敗しない手順などが載っていたりしますが、実際やっているのはプロの方がほとんどで、素人が安易に手を出すと見た目が悪化する場合もあります。

慣れていないということであれば、下手に修理するのはリスクがあるでしょう。

 

また、コンパウンドを使うという手もありますが、車体を研磨して汚れを取るのが本来の使い方なので、不用意に傷の部分を削ることで自体が悪化する可能性があります。特に傷がついて時間が経っている場合、雨やホコリで腐食している場合があり、耐久力が下がっているので注意が必要です。

すこしだけ削って様子を見ようとした結果、思わぬ事になりかねません。

自力で頑張ろうとせず、まずは買取業者に見せたほうが懸命ですね。

 

 

気になる車のへこみ、どれぐらいなら大丈夫?

傷と合わせて気になるのはそう、へこみですよね。

私は過去に一度ぶつけて、あまりにもイライラして同日にもう一度ぶつけて、車がボコボコになり泣きそうになったことがあります(笑)

 

軽くぶつけて、傷はなんとかして消すんですけど、へこみは戻らないんですよね・・・

車の査定でも当然車のへこみは見られるのですが、傷に比べてかなりシビアに見られるでしょう。

というのが、へこみの場合は車のボディの板金自体を変えないといけないケースが多く、また確認方法も光の屈折などでチェックされるからです。

 

買取業者が見るへこみの確認方法

へこみは傷と同様に真上から見る・・・というわけではありません。

へこみの場合は光、そして反射を見ます。

ボディーに対して視線を低くとり、光の反射やボディーに映り込む奥の景色を見るイメージです。

光の具合によっていくらでも変わるので、買取業者の人間もシビアに見がちなんですよね。

 

自分で確認する際は、ボディーやバンパーをチェックしがちですが、買取業者は屋根もしっかり見ます。

とくに屋根は雨や砂塵の他に雹などでも傷がつくので、意外とへこみがあったりします。

気になるようであれば、晴れた日に一度、自分で見てみてください。

 

なんとかへこみを直したい

まず見た目が不格好ですし、そこそこ大きなへこみだとモロにわかりますもんね。

ちまたではドライヤーで直す方法や吸盤で引っ張って直す方法、あとは修理屋さんに依頼して直してもらうというのもありますが、正直どれもオススメしません。

自分で直すとしても100%キレイに戻るわけではなく、へこみの後は残ってしまうので、頑張って直したけど頑張りが査定額に反映されることはなかった・・・ということになりかねません。

また修理屋さんにへこみの修理を依頼したとしても、結局へこんだ状態で買い取ってもらった方が、計算上高くなったということもあります。

このように労力や金額がかかるだけで、結果的に徒労に終わる可能性が高いので、素直に査定に出してしまった方が良いでしょう。

 

自分で傷やへこみを直すというのは、査定前においてはリスクにしかなりえません。

査定額を少しでも上げようと、手を加えたくなる気持ちはわかりますが、派手に傷やへこみがついてない限り、無理せずそのまま傷やへこみを含めて査定してもらうのが懸命です。

 

 

かんたん高額で愛車を売却できる!車の一括査定おすすめランキング

ランキング

ランキング

-車売るための方法まとめ

Copyright© 車売るための情報サイト【中古車査定・買取ならイマウル】 , 2018 All Rights Reserved.