車の売却・下取り時の必要書類まとめ!必要な書類から買取額アップに繋がる書類までまとめてご紹介

更新日:

車を売るなら売却先の選定なども必要ですが、そもそも必要書類がないと売却はできません。

また売却するにしても多数の書類が必要であり、どれか一つでも不足があると売却することができないのです。

今回はそんな車を売る時の必要書類をご紹介するのと、よくある注意点も合わせてご紹介しますね。

ちなみに車を売る流れや手順の全体像をまずは知りたいという方は、以下の記事も参考にしてください。

車を売る時ってどうすればいい?流れや手順・注意点をご紹介

車を売るにしても売り方や手順はさまざま。 ロールプレイングゲームのように、道具屋に行って「売りますか?」という質問に「→はい」を押せばすぐに売れるというものでもありません。 そのためいざ車を売ろうかな ...

続きを見る

 

 

車の売却・下取り時の必要書類まとめ

ここでは普通車と軽自動車、それぞれの必要書類一覧をまずはご紹介します。

 

普通車の売却・下取り時の必要書類

普通車を売る時の必要書類 保管場所or入手方法
自動車検査証 車内
自動車税納税証明書 自宅
実印 自宅
印鑑証明書 市区町村の役所やコンビニなど
自賠責保険証明書 車内
リサイクル券 車内
住民票の写し *1 市区町村の役所
委任状・譲渡証明書 売却先からもらえる

 

軽自動車の売却・下取り時の必要書類

軽自動車を売る時の必要書類 保管場所or入手方法
自動車検査証 車内
軽自動車税納税証明書 自宅
認印 自宅
自賠責保険証 車内
リサイクル券 車内

普通車の欄にある住民票は、現住所と車検証の住所に相違がある場合に必要となります。

基本的に普通車ならびに軽自動車の売却に必要な書類のほとんどが、車内もしくは自宅で保管されているので、集めるのにそれほど時間はかかりません。

また、普通車の売却で必要となる、印鑑証明書も現在ではほとんどの市区町村のコンビニで発行できるようになっているので、手間はかからないでしょう。

ではそれぞれの書類について詳しく説明していきますね。

 

自動車検査証(車検証)

車検証は車の所有者と使用者を法的に証明する書類です。

所有者は法的に車を所持する人、使用者は所有はしていないが実際に車を使う人ですね。

道路交通法でいつも車内に保管するよう義務付けられているので、紛失していない限り助手席前のボックスに保管されているはずです。

そのほか、保管はしているけど経年変化で読み取れない時などは再発行が必要となるため、車を売る前に確認しておくといいでしょう。

車検証を紛失しているときは?

車検証は再発行が可能な書類で、管轄の運輸支局で再発行の手続きができます。

  1. 使用者の委任状:使用者の認印の押印要
  2. 車検証:残っている場合
  3. 理由書:使用者の認印の押印要
  4. 申請者の身分証明書
  5. 手数料納付書
  6. 申請書(第3号様式)

上記の5と6は運輸支局にて手に入れることができるので、1〜4と合わせて提出します。

管轄の運輸支局を調べるのはこちら

 

自動車税納税証明書(普通車)

普通車の自動車税納税証明書は毎年4〜5月ごろに、自宅に納税通知書が届くので、支払い後に上記画像の右側部分を保管しておけばOKです。

支払ったからもういいやーと、そのまま領収部分を捨ててしまう人がいるのですが、大切に保管しておきましょう。

自動車税納税証明書を紛失しているときは?

自動車税納税証明書を紛失(破棄)してしまったときは、再発行が可能です。

手続きは県税事務所か、管轄の運輸支局の隣にある税事務所でやります。

その際に必要なのは車検証と印鑑、それと身分証明書ですね。

もし現住所と車検証・身分証明書の住所が違う場合は、別途書類が必要となる可能性があるため、事前に電話で確認しましょう。

 

軽自動車税納税証明書

毎年4月1日時点の車の所有者に対して、こちらも4~5月ごろに自宅に届きます。

市区町村によって支払い期限は違いますが、基本は5月末までなので、支払ったあとは上記画像の右側部分を保管しておきましょう。

軽自動車税納税証明書を紛失しているときは?

軽自動車税納税証明書を紛失(破棄)してしまったときは、こちらも再発行が可能です。

しかし普通車とは違って、手続き場所は市区町村の税務課となります。(場所によって呼び方が違う)

再発行に必要なものも、普通車と同じく車検証と印鑑と身分証明で、住所に相違があると別途書類を求められる可能性があります。

 

実印・印鑑

普通車の場合は実印、軽自動車の場合は認印でOKです。

実印を紛失しているときは?

実印を紛失した際は必ず役所に廃印届けを出すのと、警察に紛失の届けも行いましょう。

その後に新しい実印と身分証明をもって役所に申請すればOKです。

 

印鑑証明書

市区町村にもよりますが、コンビニで発行が可能です。

役所・コンビニどちらも手続きする場合は、登録する印鑑と身分証明書を持ち込みましょう。

印鑑証明書を紛失しているときは?

印鑑証明書を紛失した場合は市区町村の役所にて手続きを行います。

緊急で証明書の効力を消すために、電話受けつけしている役所もありますが、あくまで一時的な措置のため、出向いて手続きは必須となります。

再発行については、役所で亡失届の手続きを行ったのち、改めて印鑑登録の手続きを行えばOKです。

 

自賠責保険証明書

自賠責保険も車検証同様に基本的に車内で保管しておくものです。

そのため紛失をしていない限りは特に問題なく揃うでしょう。

自賠責保険証明書を紛失しているときは?

紛失している場合の再発行手続きは保険会社に申請をします。

必要なものとしては、自賠責保険証明書再交付申請書・印鑑・契約者の身分証明となりますが、申請書は保険会社が持っているので、連絡して送ってもらいましょう。

 

リサイクル券

リサイクル券も基本的に車内で保管されているものなので、労せず集めることができますね。

リサイクル券を紛失しているときは?

リサイクル券を紛失した場合、リサイクル券自体の再発行はできません。

かわりに自動車リサイクルシステムのサイトでリサイクル預託状況の画面をプリントアウトし、代わりの書類とします。

自動車リサイクルシステム

 

委任状・譲渡証明書

委任状と譲渡証明書は、どちらも売却先となる買取業者からもらえます。

車を売るとなると一時的に買取業者に名義を変更することになるので、名義変更をやってもらうために委任状を。

車の譲渡を証明するために譲渡証明書が必要となります。

どちらも普通車なら実印、軽自動車なら認印の押印が必要です。

長々と説明してきましたが、はじめに書いた通りほとんどが自宅もしくは自分の車で保管しているので、難なく集められるでしょう。

しかし、ほとんどの方は必要書類はすぐに集まるでしょうが、中には別途書類が必要な人もいます。

つぎは書類引き渡し時の注意点をご紹介しますね。

 

車を売る時の書類引き渡し時の注意点

基本的には前述の書類を集めれば車は売却できます。

しかし住所や性が変わっていると、別途書類が必要になってきます。

ここでは住所の変更や、結婚・離婚による姓の変更がある際の必要書類について書いていきます。

 

引越しを1回している場合

車検証にある住所と現住所が違う場合は、別途住民票のコピー(発行から3ヶ月以内のもの)が必要となります。

あくまで車検証の住所と相違があるかどうかがポイントとなるので、車検証の住所を変更済みの場合は必要ありません。

 

引越しを2回以上している場合

引越しを2回以上している場合は、住民票ではなく戸籍の附票が必要です。

戸籍の附票はかんたんに言うと、今までの住所の履歴が一覧となった正式な書類です。

戸籍と一緒に保管されている情報なので、手に入れる際は役所にて申請が必要です。

 

結婚・離婚して姓が変わった場合

結婚・離婚して姓が変わった場合は、必要書類に戸籍謄本が別途必要となります。

さらに住所も変更しているとなると、前述の住民票が必要となるので、書類がさらに増えますね・・・。

結婚・離婚をする場合は、できれば姓が変わる前に売却手続きをした方がいいでしょう。

車は資産なので、資産の持ち主を帰るとなると、相応の書類が必要となります。

住所や姓が変更となると単に変更しましたというのではなく、公的な書類が必要ということですね。

住所はあくまで車検証と相違があるかどうかなので、車を売る前に確認するのがいいでしょう。

 

 

あれば買取り・下取り額が上がる書類

車を売るときに必要となる書類があるのはもちろんですが、ここでは買取額アップに繋がる書類もご紹介します。

  • カーナビやオーディオの説明書
  • ディーラーからもらった車両の説明書
  • 整備記録簿

上記のようなカーナビややオーディオの説明書、そしてディーラーからもらった車両の説明書は買取額アップに貢献します。

車の買取業者は買取後に再販することで利益を得ているので、説明書などがあれば再販しやすなるからです。

額自体は微々たるものではありますが、あればアピールした方がいいですね。

また、整備記録簿に関してもあれば買取額アップに繋がります。

こちらも額は微々たるものですが、今まで整備して大切に乗って来た証明になるので、アピールするのがいいですね。

どれも買取額が決まる大きな要因とはなりませんが、あれば買取額アップにつながるのでしっかりアピールしていきたいですね。

反対に無い場合は特に減額されたりということはないのでご安心を。

 

 

車の売却・下取り時の必要書類まとめ

いかがでしたでしょうか?

車を売るとなると沢山の書類が必要となりますが、ほとんどが自宅や車で保管されているものなので、集めるのに手間や時間はかかりません。

ただ、書類を紛失していて再発行が必要となると、役所に申請したりと面倒なことになるので、書類関連は大切に保管しておきましょう。

また、住所や姓が変わった時は都度車検証の変更手続きをしておくのがいいですね。

車を売る時は書類集めの他にも売却先を決めたりと、他にもやることがあります。

書類だけ集めればOKというわけでもなく、どうせ売るなら高く売るために売り方の工夫を身につけるのがいいでしょう。

下記の記事では必要書類だけでなく、車を高く売るための方法から売却の注意点まで網羅的にご紹介しているので、車を高く安全に売りたい!という方はチェックしてみてください!

車を売る時ってどうすればいい?流れや手順・注意点をご紹介

車を売るにしても売り方や手順はさまざま。 ロールプレイングゲームのように、道具屋に行って「売りますか?」という質問に「→はい」を押せばすぐに売れるというものでもありません。 そのためいざ車を売ろうかな ...

続きを見る

かんたん高額で愛車を売却できる!車の一括査定おすすめランキング

ランキング

ランキング

-車売るための方法まとめ

Copyright© 車売るための情報サイト【中古車査定・買取ならイマウル】 , 2019 All Rights Reserved.