車売るための情報サイト

車買取・査定の情報ならイマウル

車買取について

車の買取査定のトラブルってよくあるの?相談先や回避方法も合わせてご紹介

更新日:

車を高く売るなら買取や一括査定に出すのがいいのかなーと考える方も多いでしょう。

たしかに買取や一括査定は下取りなどに比べて高額で車を手放せますが、トラブルが多いのも事実。

今回はそんな車の買取査定でよくあるトラブルと、未然に防ぐ方法をご紹介します。

 

 

車の買取査定でよくある3つのトラブル

買取査定でよくあるトラブルとしては・・・

  • 電話が多い
  • 業者が帰らず強引に買取される
  • 二重査定による減額

この3つが圧倒的に多く、国民生活センターへの相談も多いです。

ただ多いといっても実際トラブルに見舞われた人たちはどんな印象だったのか、ここでは3つのトラブル事例それぞれに対して、SNSや国民生活センターから声を集めてみました。

 

車の買取査定はとにかく営業の電話が多い

どれほど電話が多いか、画像付きでSNSにあげている人もいますね。

実際一括査定サービスのサイトにも『申し込み後に電話が嵐のように来ます』なんてことは書いていませんし、書くはずもないでしょう。

なので何も知らずに申し込みした人からすると、いきなりバンバン電話が来て恐怖を感じるという方もいるということですね。

ただ、中には0円と言われていた車が5万円になったという話もあるので、電話はたくさん来ることは間違いないのですが、高く売れるというのも間違いはなさそうです。

電話が嫌いな方は個人情報なしである程度買取額を調べることはできるので、下記の記事を読んでみて下さい。

>>車の査定をネットで個人情報の登録なし・完全匿名でやるたった一つの方法

no image
車の査定をネットで個人情報の登録なし・完全匿名でやるたった一つの方法

愛車がいくらぐらいで売れるか知りたいけど、なるべく自分の情報は明かしたくない・・・ ネットで車を売るための情報を調べていると、詐欺業者にあったり、凄まじい電話の数が来たりと、何かとネガティブな話題が多 ...

続きを見る

 

業者が帰らず強引な買取をされる

2つ目のトラブル事例は『営業が粘ってこちらが売却を決めない限り帰らない』という事例。

即決しないから!と言っても、なかなか帰ってくれないんですよね・・・

『他社よりも絶対うちの方が高いんで!』『今日ここで決めてしまいたいんです!』っていやいや、それアンタが決めたいだけでしょ・・・ってなるやつです。

実際ツイッターにもこういった不満が上がっているので、営業が帰らないというのは本当のことなんですね。

 

二重査定による減額

二重査定というのは、一度査定をして買取額が決まったあと、業者に車が引き取られた後に傷などが見つかって買取額が変動することです。

上記がツイッターで見つけた二重査定に関するツイートですが、このほかにも国民生活センターにも相談が寄せられていました。

3年前に新車で購入した車を乗り換えるため、車検の前に売却することにした。インターネットで見つけた複数の買取業者に連絡して、店舗に出向き、車を見せた。一番高い価格を提示した買取業者(以下、事業者)と4日後に価格交渉し、220万円に決まり、売ることにした。また、別途、売却価格の変更がないことを保証するサービス(以下、買取価格保証)に20,000 円を支払って加入した。車を引き渡した3日後に事業者の担当者から電話があり、「ルーフパネルの交換歴が判明した。知っていれば買い取らなかった。車を返すから代金を返してほしい」と求められた。「お客様の事故、メーター改ざん、水没以外はすべて事業者が負担する」と言われて「買取価格保証」を申し込んだのに、話が違うので承服できない。後で思い出したが、過去に雪害でへこんだルーフを保険で修理したことがある。商談中、「事故は起こされましたか」と尋ねられたが、駐車している車の屋根に雪が落ちたことを「事故」と思わなかったので、申告していない。

引用元:修復歴があるとして「再査定」した自動車買取業者

上記内容をまとめると

・買取業者と売買契約を結んだ。

・同時に買取額の変更がないことを保証する有料契約もした。

・数日後に修復歴が判明したので業者から買取拒否と言われた。

上記のように買取額の保証をする有料の契約をしたにも関わらず、あとから買取拒否という事例も。

買取額保証の契約を結んでいるから減額ができないので買取拒否と・・・いやヒドイですね。。

本当に売る側も忘れていて、業者も査定時に見つけられず、買取保証の契約もなし・・・ということであれば致し方ありませんが、保証契約をしておいて、それをナシにしようとしてくるケースもあるということですね。

 

トラブルを回避するなら事前に知識や知恵を身につけること

ここまでよくある3つのトラブルをご紹介しましたが、これは氷山の一角と言ってもいいでしょう。

車は年間に数十万台の取引がされているので、私たちの知らないところで起きているトラブルはもっと多いのです。

しかし、車の買取査定に出すとそういったトラブルに会うから・・・と諦めてしまうのは早いです。

高く売れるのは事実ですし、事前に知識や知恵を身につけることで、確実にトラブルは回避できます。

次はよくあるトラブルを回避する方法をお伝えしますね。

 

 

車の買取査定でよくあるトラブルを回避する方法

車の買取査定のトラブルを回避して、「高く売れる」というメリットだけを得る方法はあります。

ここではトラブルの回避方法をそれぞれご紹介しますね。

  • 電話が嫌な人は電話がほぼない買取サービスがおすすめ
  • 帰らない業者には法的手段を取る
  • 二重査定は契約内容の確認を忘れないこと
  • 業界団体お墨付きのサービスに申し込む

 

トラブル回避①:電話が嫌な人は営業電話のない買取サービスがおすすめ

車の買取査定で営業電話がほぼないサービスは存在します。

それはユーカーパックと車買取・査定の窓口というサービスです。

 

ユーカーパックは個人情報が業者に漏れない買取サービス

ユーカーパックは電話番号や住所など、個人情報が業者に漏れない買取査定サービスです。

申し込み後、連絡などのやりとりは全てユーカーパックとあなたで行うので、営業電話が鳴り響くといったこともありません。

電話が嫌!でもなるべく高く売りたいという方はユーカーパックがおすすめなので、以下の記事を合わせて読んでみてください。

>>【ユーカーパックまとめ】営業電話が一切ない新しい車の買取サービス!

 

車査定・買取の窓口は高価買取できる業者を1社だけ紹介

一般的な一括査定は複数の業者に査定を申し込みするので、どこか一番高く書いとるかの交渉はあなたがやることになります。

しかし車査定・買取の窓口は『そもそも一番高い額で買い取れる業者のみ紹介』してくれるサービスです。

高額買取してくれる業者とだけやりとりすればOKなので、電話が鳴り響くことや交渉をすることなく車を高額で売却できます。

一括査定系は電話が多いから躊躇する方もいますが、一括査定では賄えないニーズをついた電話のない買取サービスは存在します。

今のところ上記2つが営業電話がなく、やりとりは1対1、でも高額で売れるというサービスです。

とにかく電話が嫌だ!電話が怖い・・・という方は、そもそも電話が少ない買取サービスがおすすめですよ。

 

 

トラブル回避②:買取査定で帰らない業者には法的手段をとる

法的手段を取ると言うとなんだかすごい方法を取るイメージですが、そもそも以下のような法律があることは知っていますか?

事業者は、訪問購入に係る売買契約の締結についての勧誘の要請をしていない者に対し、相手方の自宅等で売買契約の締結について勧誘をし、又は勧誘を受ける意思の有無を確認してはいけません。いわゆる飛込み勧誘や、単に相手方から査定の依頼があった場合に、査定を超えて勧誘を行うことは、法に抵触することになります。

引用元:特定商法取引ガイド

つまりあなたがまだ売る気がないのに、査定を超えて勧誘するのは法に抵触するということですね。

上記の内容と不法占拠である旨を伝えましょう。

最悪のケースは警察を呼ぶことですが、警察を呼ぶような状況になるようなことはまず無いのでご安心を。

決めてもらえるまで帰りません!みたいな事を言う業者には、上記の法的根拠を提示してください。

そもそも納得できる高い金額なら即決するんですけどね。

納得できないから渋ってるのに、買取額アップもしてこない業者は早々にお帰り頂きましょう。

 

 

トラブル回避③:二重査定は契約内容の確認を忘れないこと

二重査定を回避するなら買取契約時に、あらかじめ契約内容を細かく確認しましょう。

ここでは主要なポイントの注意点をお伝えしますね。

 

買取額

買取額の額面だけを考えるのではなく、なぜこの金額なのか?内訳を確認しましょう。

また、自動車税の還付分などが含まれているかどうかは必ず確認を。

見積もり段階であれば、見積もりの有効期間を聞いておくのも忘れないようにしたいですね。

車買取の査定額の有効期限ってあるの?いつまでなら大丈夫?

車を査定してもらったはいいものの、売るかどうか迷って1ヶ月も経ってしまった。 今このタイミングで売るなら前回の査定額で買い取ってもらえるの? といった疑問が聞こえて来ますが、査定で出た買取額には有効期 ...

続きを見る

 

支払い期間・支払い方法

いつまでに支払いが必要か?そして支払い方法は引き落としなのか振り込みなのか等、金銭にまつわるので、確認しておいて損はないでしょう。

車買取の入金・振込はいつ頃?大手業者の振込日数や入金をスムーズにする方法をご紹介

車を売ったとして入金っていつされるんだろう?なるべく早くがいいな・・・ と、考える方も多いでしょう。 買取額が納得できるものであれば、なるべく入金は早くして欲しいですよね。 今回はそんな車買取の入金に ...

続きを見る

 

引き渡しについて

車を引き渡す場所や日時についても再三確認を。

取りに来てくれるのか、持ちこまないといけないのかで変わりますし、持ち込みになるなら万が一途中で事故が起きたらどうなるかも確認して起きましょう。

車の買取査定で車両を引き渡しする時の注意点

買取査定で、いざ車を売るとなった後の車の引き渡し。 長年乗った車には思い出も沢山ありますし、名残惜しいですよね。 今回はそんな車の引き渡しのスケジュール感などをご紹介します。 引き渡しがモタつくと買取 ...

続きを見る

 

名義変更など所定の手数料について

名義変更代行費やレッカー費など、実は買取額に含まれているケースがあるので確認をしましょう。

交渉次第では手数料関係を全く無料でやってくれるので、含まれているのかどうか?含まれていればそれらを無料にできるのか?を聞くのがいいでしょう。

no image
【車買取の手数料の話】費用を全くかけずに車を売る方法

車を売るとなるといくらかかるのかな・・・?と手数料や費用が気になる方は多くいると思います。 そしてなるべくなら費用をかけずに車を売りたいと考えるでしょう。 今回はそんな車の買取にかかる費用や手数料ゼロ ...

続きを見る

 

瑕疵担保責任の適応期間・範囲について

瑕疵担保責任ってなに?という話ですが、わかりやすく言うと以下のような内容です。

瑕疵担保責任とは?

お金が発生する売買契約で、売り買いしたもの(ここでは車)に普通では発見できないような重大な欠陥(事故歴など)が発見された場合に、売却者(あなた)が、買い手(業者)に対して負わないといけない担保責任のこと。

業者が車を買い取った後に、買取額に大きく影響する事故歴などが見つかった場合は、その分減額しますよといった内容ですね。

車を売る時は上記のような瑕疵担保責任というものが発生します。

この法律を使って、あとから減額してくる悪質な業者もいるので、契約時には瑕疵担保責任が発生するのはいつまでか?その際の適応範囲はどこまでか?について確認をしておきましょう。

前述のトラブル事例のように、業者によっては買取額保証サービスもあるので、加入するのもいいですね。

 

契約後のキャンセル可否と内容

やっぱり車を売るのはやめた!もしくは他の業者に売りたいとなった時に、キャンセルは可能かどうかを確認しましょう。

また、キャンセルが発生するのであれば、有料 or 無料なのか?特定の期間があってそれを超えると有料なのか?など、内容についても詳しく確認して起きましょう。

なお、主要な大手買取業者のキャンセル状況は以下の記事でご紹介しているので、気になるかたは読んでみてください。

車の買取査定でキャンセルはできるの?どこまでなら無料でできる?

車の売却先は決まったけど、実はもっと高く買い取ってくれるところがあった! 車の売却において売却先の競合がより高い見積もりを出して来るなんてことは往々にあります。 そしてそんな時にキャンセルが可能かどう ...

続きを見る

 

保証サービスについて

トラブル事例にもあったように、業者によっては買取額の保証サービスがあるので、加入するのであれば内容の確認は必須です。

買取額に絶対的な変動がないのか、もしくは一部分で事故形跡が見つかった場合のみ買取額が保証されるのかなど、サービスによって内容は違うため、確認は必須です。

また、業者側からキャンセルしたい旨を言える契約かどうかも確認しておきましょう。

いくつか細かく説明しましたが、契約書は基本的に業者側が用意をします。

基本的には法律がベースとなりますが、あとは業者側に都合が良い内容なので、事細かくチェックするのは必要ですね。

意味がわからない内容であれば、業者に聞いて、聞いた内容を契約書に追記しておくのもいいでしょう。

 

 

トラブル回避④:業界団体お墨付きのサービスに申し込む

車の買取業界にはJADRIとJPUCという二つの業界健全化をすすめる団体があります。

JADRI・JPUCとは?

JADRIとは?

一般社団法人 日本自動車流通研究所という、中古車の円滑な流通を目指す団体です。

一括査定サービスのようなサービス事業者ではなく、買取業者向けの業界団体で、会員からの紹介がないと加盟できないという厳しい審査があります。

JADRI(日本自動車流通研究所)は優良な車の買取業者のみが加盟できる業界団体

この業者はJADRI加盟済みで・・・ネットで見るJADRIという団体。 優良な車の買取業者しか加盟できないと書かれていたりしますが、実際はどんな団体なのでしょうか? 今回はそんなJADRIについて徹底 ...

続きを見る


 

JPUCとは?

一般社団法人 日本自動車購入協会という、車の買取業界全体の健全化を進める団体です。

JPUCはユーザー向けに相談室を設けていたり、買取業者や各種広告のガイドラインを設けているなど、ユーザーに寄り添った運営をしています。

JPUCは車買取業界の健全化を進める団体

車の売却をしようと、ネットで検索しているとたまに見るJPUCという団体。 車の買取業界の健全化を目的とした団体なのですが、実際のところはどんな団体なのでしょうか? 今回はそんなJPUCが何をやっている ...

続きを見る

この業界団体に加盟している一括査定サービスや、買取業者に売却を依頼するのが安全です。

どんなサービスや業者が加盟しているかは【2019年版】安心・高額で車を売るための車査定・車買取おすすめランキングでご紹介しているのですが、長くなるので1番おすすめのサービスだけご紹介しますね。

 

安心して高額で車を売るなら
かんたん車査定ガイドがおすすめ

かんたん車査定ガイド

 かんたん車査定ガイド

かんたん車査定のポイント

  • 査定を申し込んだ時点で、大体の相場を教えてもらえる。
  • 申し込みは1分以内に終わるので、手間がかからない。
  • JADRIやJPUCに所属する優良な業者のみと提携している。
  • 運営元がJPUC加盟、提携業者の95%がJPUC加盟済み。
  • 一括査定で最もシェアがあるサービス。
  • 査定額に納得がいかない場合はキャンセルも可能

かんたん車査定ガイドは、最大10社に見積もり依頼が可能で、車を下取りするより平均16万円お得になるサービスです。

申し込みも45秒のカンタン入力!

JADRIやJPUCという、車買取の業界健全化と発展を目的とした組織に加入している業者とのみ提携しているので、悪質な業者にあたることもありません。

買取業者の見積もり額が最大で65万円ほど上がった例もあり、どこに申し込もうか迷うのであれば、とりあえずはかんたん車査定ガイドがおすすめですね。

 

 

トラブルを自分で解決ができない時は然るべきところに相談を

これまでトラブルを未然に防ぐ方法をご紹介しましたが、そうはいっても悪質な業者に当たる可能性は全くゼロになるとは言い切れません。

交通事故のようにあなたは全く悪くなくても、相手の業者が悪質な場合もあるのです。

なのでもし何かあった時のために、ここでは各相談先をご紹介しますね。

  • 国民生活センター
  • JPUC
  • 弁護士

 

国民生活センター

国民生活センターは簡単に言うと消費者センターの大元といった感じです。

消費生活の中で個人と会社の間で生じたトラブルの解決やクレームの処理など、国民の生活を守るための独立行政法人です。

国民生活センターは、消費者問題・暮らしの問題に取り組む中核的な実施機関として、消費者・生活者、事業者、行政を「たしかな情報」でつなぎ、公正・健全な社会と安全・安心な生活を実現します。

引用元:国民生活センター「国民生活センターの使命」より

上記のように、悪質な業者から消費者や生活者を守る取り組みも行っているということですね。

国民センターでは車の売却関連のトラブルも扱っているので、トラブルに巻き込まれた場合は相談してみてください。

連絡は平日なら11時~13時、土日は10時~12時と13時~16時なら電話相談が可能です。

 

JPUC

先ほどご紹介したJPUC(一般社団法人 日本自動車購入協会)でも電話相談を受付ています。

JPUCは車の買取業界のルールや規制を作っている団体なので、買取業者や一括査定サービスを使って困ったことがあれば、電話相談に乗ってくれます。

時間は平日の9時~17時に対応しています。

 

弁護士

にっちもさっちもいかず、法的な手続きになるということであれば弁護士に相談をしましょう。

弁護士に相談するような自体になるのは非常に希ですが、最悪の相談先はやはり法律のプロです。

ただ、相談するにしても相談料を取られるので、金銭的にキツい方は法テラスなどの無料で相談できるところに電話するのがいいですね。

基本的になにかトラブルがあれば、国民生活センターに相談するのがいいでしょう。

そこで話を聞いてもらい、センターの担当者から弁護士に依頼した方が良いと勧められてはじめて弁護士を検討するのがいいですね。

国民生活センターの他にJPUCも相談窓口を開設しているので、国民生活センターと合わせて相談するのもいいでしょう。

トラブルはないに越したことはないのですが、いざ巻き込まれた場合は適切なところに相談してくださいね。

 

 

車の買取査定のよくあるトラブルと回避方法まとめ

いかがでしたか?

よくあるトラブルやそのトラブルの回避方法、トラブルに巻き込まれた際の相談先をご紹介しました。

営業電話や無理やり買取りなど、車の買取査定は高く売れますがたくさんのトラブルが潜んでいます。

ですがそれらのトラブルを未然に回避する方法があるので、ちゃんとやれば「高く売れる」というメリットだけ享受できるのです。

なので車を売るなら一括査定系、とくに業界団体お墨付きの『かんたん車査定ガイド』を使うのがいいですね。

車を高く売りたい!でもトラブルに巻き込まれたくない!ということであれば、事前に知識や知恵を身につけて、賢く車を売りましょう!

最後に本記事でご紹介した買取サービスを一覧でご紹介しておきますね。

本記事で紹介した車の買取サービス

かんたん高額で愛車を売却できる!車の一括査定おすすめランキング

ランキング

ランキング

-車買取について

Copyright© 車買取・査定の情報ならイマウル , 2019 All Rights Reserved.