車売るための情報サイト

車買取・査定の情報ならイマウル

どうする?車の名義変更

車の名義を友達に変更するときの注意まとめ

更新日:

 

 

名義変更は車種によって届け出先が違う

車の名義変更は車種によって届け出先が違ってきます。

普通車は最寄りの運輸支局ですが、軽自動車は各都道府県の軽自動車検査協会の支所で行います。

これは名義変更をする相手が、家族であっても第三者であっても同じです。

このあたりは下記のページで詳しく説明しています。

▶︎実はやり方が違う!普通車と軽自動車の名義変更の違い

 

 

車の名義を友人に変える際に必要なもの一覧

友人といえど、第三者に名義を変えるので、名義変更前後の所有者の印鑑などが必要です。

これも、普通車と軽自動車で一部違う部分があるので、それぞれ記載しますね。

 

普通車を名義変更する際に必要となるもの

  1. 自分の車検証
  2. 自分・友人両方の印鑑
  3. 自分・友人両方の印鑑証明
  4. 友人の車庫証明(自動車保管場所証明書)
  5. 譲渡証明書
  6. 手数料納付書
  7. 自動車検査登録印紙

⑥と⑦は運輸支局で手に入れる事ができるので、事前に準備は必要ありません。

また、名義変更先の友人が他府県に住んでいる場合は、運輸支局の管轄が変わるので、別途ナンバープレートの変更が必要です。

ナンバープレートの変更に関しては、車で直接運輸支局に行く必要があるので、注意が必要です。

 

軽自動車を名義変更する際に必要となるもの

  1. 自分の車検証
  2. 自分・友人両方の印鑑
  3. 自分・友人両方の印鑑証明
  4. ナンバープレート
  5. 友人の住所を証明できるもの
  6. 自動車検査証記入申請書
  7. 軽自動車税申告書
  8. 自動車取得税申告書

 

⑥⑦⑧は軽自動車検査協会で入手できるので、事前の準備は必要ありません。

また、軽自動車の場合はナンバープレートの持ち込みが必要になるので注意が必要です。

 

 

友人名義に車の名義を変更する際によくあるトラブル

名義変更先が、買取業者やディーラーではなく、あくまで友人同士、個人間での取引だからこそトラブルが起きやすいです。

ここではケース別でトラブルとその回避方法を書いておきます。

 

車検証の住所から引っ越ししてしまった場合

自分の車検証に書いてある住所が旧住所の場合、住所の更新が必要と考える方がいるようですが、軽自動車を名義変更する場合は車検証の住所の変更は必要ありません。

住所の証明が必要なのは新所有者のみです。

しかし普通車は車検証の住所変更が必要となるので、この場合は車検証の住所の更新をしてから名義変更を行いましょう。

 

ローン中の車を友人に売ってローンを返済したい

結論から言いますと、ローン中の車を第三者に売却することはできません。

これは、所有者がローン会社だからです。

ローンを完済して所有権の解除を申請しない限り、いつまでも 所有権はローン会社です。

所有者については、こちらの記事で詳しく書いています。

▶︎車を売りたいけど、ローンが残ってて名義変更が変更できない!

 

ローンは完済しているけど、ローン会社がつぶれてる

所有権の解除を申請する前に、ローン会社がつぶれてしまって申請先がわからなくなることがあります。

安心してください。

ローン会社がつぶれても、ほとんどの場合、業務の引継先の会社があるので、引継先の会社に所有権解除の申請をしましょう。

引継先の会社がどこかについては、各ローン会社のホームページに記載があると思いますので、そちらを参照ください。

 

自動車税については事前に話し合っておくこと

名義変更をするタイミングによっては、新所有者が直近の自動車税を支払うことになる場合があります。

自動車税は毎年4月時点で所有者になっている人間に課税されるので、名義変更するタイミングによっては、事前に今回の分はどちらが支払うかなど、確認をとっておくのが良いでしょう。

あとになって「そっちが払ってよ!」ということになると、モメることになるので、タイミングが春先の場合は特に事前に相談が必要です。

 

名義変更のトラブルまとめ

車の名義を友人に変更する場合は、ほとんどの場合において、無料で譲渡、もしくは売却という個人間の取引になります。

無料で譲渡ということであれば、手続きさえスムーズに進めることができれば問題ありません。

しかし、売却となると必ず金銭のやりとりが発生するので、口約束だけで進めてしまうと後々トラブルの元になってしまいます。

特に多いのが、先にも述べた税金と、車両の売却額です。

 

税金については前述のとおりですが、車両の売却額は、所有者の本人も車の価値をわかっておらず、その時の気分で○○円ぐらいと言ってしまいがちです。

あとから車の価値に気づいて、やっぱり○○円で!と言うと、トラブルに発展するでしょう。

 

こういった金銭的な、特に車の売却額のトラブルを事前に避ける方法があります。

それは、車を査定のプロに査定してもらい、市場と照らし合わせて、車が今いくらぐらいの価値かを知ることです。

 

現在の価値を査定のプロから知る事で、友人に売却する際も、説得力のある金額を提示できます。

なんとなくで金額を決めるのではなく、まずは今どれぐらいの価値があるのか知ることからはじめましょう。

安心車.jpであれば、3ステップで最大7社に一括で査定を依頼できます。

複数の業者から車の価値を提示してもらうことで、客観的な市場価値をしることができますよ。

ランキング

ランキング

-どうする?車の名義変更

Copyright© 車買取・査定の情報ならイマウル , 2019 All Rights Reserved.