車売るための情報サイト

車買取・査定の情報ならイマウル

車売るための方法まとめ

【水害車の売却】水に浸かった冠水車・水没車は売却できる!

更新日:

水害で水に使ってしまった車を指す水没車。

あちこち動かないというケースが多いのですが、修理して使うとしても多額の修理費がかかることが多いです。

今回はそんな水没車(冠水車)について、どういった処置を取ればいいのかを書いていきます。

 

 

どうなると水没車になる?水没車の定義

完全に車のボンネットまで浸水していれば、誰がどう見ても水没車とわかりますが、問題は微妙なラインの場合。

JAAI(日本自動車査定協会)が定める水没車の定義には・・・

室内フロア以上に浸水したもの又は、特定箇所に複数以上の痕跡が確認できるものは、冠水車として取り扱うことができる。

と記載があります。

基本的には室内フロア以上に浸水した時点で冠水車となるのですが、それ以外にも冠水車となる定義があるのでご紹介しますね。

 

定義①通常の使用では発生しない箇所にさび・腐食がある。

該当箇所

  • シートのスライドレール、スプリング、レールの取付けボルト
  • ペダル類のブラケット、リターンスプリング
  • ステアリングポスト付近
  • センターコンソール取付けボルト
  • ドアトリムボードの金属部分
  • シートベルト取付けボルト
  • フロア
  • ワイヤーハーネスのコネクタ
  • シガーライター

 

定義②通常の使用では付着しない汚れ・シミがある。

該当箇所

  • ドロ水が乾いて粉末状になったもの
    フロア、マット、シートレール、シート、ドア内、メーター類、ヒーターダクト、ワイヤーハーネスのコネクタ、ヒューズボックス等
  • 水位跡
    シートベルト、内張り、シート

 

定義③ドロ又はカビの臭い

該当箇所

  • 室内
  • エアコン作動時

上記の①〜③のうち複数箇所に痕跡が見られる場合は、たとえフロア以上の浸水の痕跡がなかったとしても冠水車と判定されます。

しかし、保険会社が定める水没車の定義は、「エンジンが全て水に浸かった場合」or「車内のダッシュボードの上まで水に浸かった場合」と、水没車の定義に差があるのです。

そのためざっくりと、室内フロア以上に浸水した場合は水没車であると考えるのが下手な混乱をしないですむでしょう。

ではこの冠水車ですが、実際に売却は可能なのでしょうか?

 

 

水没車・冠水車は売却できる

前述の定義に記載があるような、フロア以上の浸水や室内にドロやカビなどがついた車は売れないというイメージです。

しかし、結論から言いますと『冠水車・水没車は売れます』。

たとえ水没していようと、車は動く限り価値がゼロになることはありません。

というのも実際に中古車販売サイトなどで水没車が販売されているからです。

 

大手中古車サイトでは冠水車・水没車が普通に販売されている

goo-net.com

上記は中古車情報サイト、グーネットの冠水車を販売するページの画像です。

大々的に『冠水歴有』と書いていますし、説明欄にも冠水歴があることを記載していますね。

こういった冠水歴のある車の出どころは、冠水車を持つユーザーがいて、そのユーザーが車を売却したということです。

まとめると、冠水車であっても中古車市場に出回っている=冠水車でも売却はできるということですね。

車は冠水してようと、たとえ走らなくなったとしても価値を失いません。

そのためどんな状態であっても売却は可能なのです。

では実際に売るとなるとどれぐらいの額で売れるのでしょうか?

次は水没車の買取相場をご紹介します。

 

 

水没車・冠水車の買取相場はどれぐらい?

水没車・冠水車が売れるというのは前述の通りですが、いくらぐらいで売れるのでしょうか?

ここでは主要な車種の水没車としての買取相場をご紹介します。

メーカー 車種 年式 買取相場
トヨタ C-HR 2016 〜70万円
トヨタ プリウス 2015 〜25万円
日産 エクストレイル 2014 〜27万円
日産 エルグランド 2014 〜76万円
ホンダ N-BOX 2015 〜6万円
ホンダ オデッセイ 2015 〜54万円
マツダ CX-5 2014 〜22万円
ダイハツ タント 2016 〜10万円
スズキ ジムニー 2016 〜7万円

タウHP:水害車売却シミュレーターより

上記の買取相場は、全てハンドル上まで浸水したと仮定しての買取相場です。

軽自動車でも最高で5万円以上で買取されているので、売却してお金にかえることは十分可能ということですね。

こういった買取相場をご紹介すると、掃除や修理をすればもっと高く売れると考える方がいます。

次は水没車の修理や掃除について書いていきますね。

 

 

水没車の修理は絶対にやめておくべき

まず結論から言っておくと、よほどの理由がない限り修理はやめておくべきです。

というのも、保険に入っている場合も、そうでない場合も修理(洗浄)はデメリットしかないからです。

被害内容 修理費用
フロアまで浸水 50万円〜
シート上まで浸水 100万円〜

上記が大まかな浸水内容に対しての想定修理費用です。

フロアまで浸かっている場合、マフラーやタイヤ部分の交換、洗浄の費用で50万円ほどは覚悟しておいたほうが良いでしょう。

またシート上まで浸水となると、確実に電子部品も浸水しているので、修理費用は100万円以上となります。

これらを車両保険でカバーするとしても、確実に保険の等級がガクッと下がりますし、長期的な目で見ても損です。

さらに、洗浄をするとしても確実に匂いが取れるわけではありません。

嫌な匂いが残る可能性も十分にあるため、やったけど元の状態以上には戻らなかった・・・というケースも多いのです。

上記のような理由から修理は絶対的にやめておくべきで、水没車は修理して乗るよりも、そのまま買取りに出すのが正解です。

逆に掃除や修理よりも水没車をなるべく高く売るポイントは他にあります。

次は水没車・冠水車をより高く売るための工夫について書いていきますね。

 

 

水没車・冠水車を高く売るためには売却先の選定が重要

水没車・冠水車を高く売るためには、何も考えずに売りに出してはいけません。

車を売る主な方法は上記のようにディーラー・買取店・一括査定があります。

はじめに結論を言うと水没車を高く売るなら、ディーラーや買取店ではなく一括査定にしましょう。

なぜかというと、ディーラー&買取店と一括査定では車の売却の方法が大きく違い、その違いが買取額に大きく影響してくるからです。

 

例えば買取店やディーラーだと、売り先と1対1となるため、相手が提示してきた値段が全てです。

売るor売らないという選択肢しかありません。

ここで仮に相手の言い値に納得してしまったら、それが本当に相場の最高額かどうかはわからないまま売却するハメになります。

そのため『水害車はこれ以上は出せない』なんて言われると渋々納得して売るしかなくなるんですよね・・・。

そして後から買い叩かれた!と気づくパターンが多いのです。

では一括査定の場合はというと・・・

 

一括査定の場合はサイトを通して複数業者に査定を依頼します。

買取業者は買い取った車を再販することで利益を得ているので、どの業者もあなたの車を自社で買い取ろうと競争になります。

この1対複数という図式がキモで、各社が買取競争をして行く中で買取額がオークションのように上がっていきます。

このように、一度査定に出せば価格競争が起きて買取額が上がりやすいというのが一括査定の一番のメリット。

次はこの一括査定サービスで当サイトおすすめのサービスをいくつか紹介しますね。

 

当サイトおすすめ!
一括査定サービスランキング

 かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド

かんたん車査定のポイント

  • 申込み完了画面で、大体の相場を教えてもらえる。
  • 申込みは45秒で終わるので空いた時間で申込みできる。
  • JADRI・JPUCに所属する優良な業者のみ参加
  • 水没車であっても買い叩きするような業者とは提携していない
  • 査定額に納得がいかない場合はキャンセル可

かんたん車査定ガイドは買い叩きが無く安心して車を売却できるサービスです。

一番のポイントはJADRIやJPUCという、業界健全化を目的とした団体に加盟している業者のみと提携している点。

そのため、詐欺業者に合うこともなく車を売却できます。

車の売却に安心感を求める方はかんたん車査定ガイドで決まりです!

 


 

 ユーカーパック


ユーカーパック

ユーカーパックのポイント

  • 買取業者からの営業電話が全くない。
  • 最大2,000社がオークションに参加するので、買取額が上がりやすい。
  • 2,000社もいるので冠水車でも買い手が見つかりやすい。
  • 車両情報のみで買取額が決まるので、個人情報が業者に流れない。

ユーカーパックは一括査定と違い、オークション形式の車の買取サービスです。

一番のポイントは、一括査定でよくある買取業者からの営業電話は一切なく、連絡はユーカーパックからのみ!

そのため仕事中にガンガン電話が鳴ったりするようなことは一切ありません。

最大で2,000業者がオークションで競うので、水害車のようなニーズが限定的な車であっても買取手が見つかりやすいのがポイントですね。

個人情報の取り扱いに敏感なかたでも安心して利用できるのがユーカーパックの魅力です!

 


 

 カーセンサー

カーセンサー

カーセンサーのポイント

  • 事故車の買取も他サービスに比べて積極的。
  • 希望時間を伝える項目があるので、仕事の時間などを避けてやりとりが可能。
  • 住まいの近くの買取業者から、複数者を競争させることができる。
  • 運営会社が大手リクルートグループのため、安心して売却ができる。

カーセンサーはあの上場企業であるリクルートが運営する一括査定サービスで、事故車や商用車も査定してくれます。

また、ワケアリ車の買取に積極的な業者も登録しているので、水害車だし売れるかどうか不安・・・という方はカーセンサーがおすすめです。

登録は90秒で完了、仕事の合間や終業後など、時間指定ができるのも魅力ですね!

ワケアリ車を安心して売りたい時はカーセンサーがおすすめですよ!

 

 

全く動かない車の買取ならハイシャル

ハイシャル

ハイシャルのポイント

  • 0円以上の買取保証。
  • レッカー代が無料。
  • 書類手続きの代行も無料。
  • 事故車や不動者の買取も可能。

廃車専門業者の中でも特におすすめなのがハイシャルです。

ポイントにあるように、手続きに関するほぼ全ての代行を無料で行ってくれます。

また、最低でも0円以上で買取をしてくれるので、廃車にあたって余計な費用がかかることはありません。

とにかくお金や時間をかけずに廃車手続きをしたい方は、ハイシャルを使うのがベストな選択ですよ。

▼▼0円以上の買取保証アリ▼▼

 

 

水没車の買取まとめ

いかがでしたでしょうか?

ただでさえ災害直後なのに、車が水没してしまったとなると色々パニックになるとは思います。

しかしそこで焦って修理に出すよりも、買取業者に見せて適正価格で買い取ってもらったほうが長期的に見て得です。

もちろん動かない車でも廃車買取専門の業者であれば買取をしてくれます。

少しでも早く以前の生活に・・・と考えて焦って修理に出す人は多いのですが、それは絶対に損をするので、買取業者に売ってしまい、売却額を頭金に新車を購入するのがベストですね。

かんたん高額で愛車を売却できる!車の一括査定おすすめランキング

ランキング

ランキング

-車売るための方法まとめ

Copyright© 車買取・査定の情報ならイマウル , 2019 All Rights Reserved.