【車の査定にかかる時間まとめ】車の査定は時間のある休日にやるのが大原則!

更新日:

車の査定にどれぐらい時間がかかるんだろう?

なるべく早い方がいいし、どのぐらい時間がかかるか知ってた方が予定も組みやすい・・・

といった声が聞こえて来そうですが、今回はそんな車の査定にかかる時間について書いていきます。

具体的には・・・

  • 予定を組みたいから査定にどのぐらい時間がかかるか知りたい。
  • 査定を依頼する前に時間を知っておきたい。
  • 出来れば査定は早く終わらせたい。

上記のような考えを持つ方は、この記事を読むことで納得・安心して愛車を売却できますよ!

 

車の査定にかかる時間は1社あたり1~2時間

車の査定を業者に依頼した場合、1社あたりの査定時間は大まかに1~2時間となります。

  1. 事前商談(10〜20分)
  2. 実車査定(30〜40分)
  3. 買取額の確認(10〜20分)
  4. 交渉(∞)

主にこの4つのフェーズに別れ、④の交渉は∞と書いてますが大体30分程で終わることがほとんどです。

そのため大まかに時間は1~2時間ということですね。

では、それぞれの項目を詳しく書いていくと共に④がなぜ∞なのかについても説明しますね。

 

①事前商談(10〜20分)

実際に車を査定する前に、なぜ売るのか?といった売却の経緯などを聞かれます。

あとはよくあるのが「いくらぐらいで売却を考えてますか?」という探りですね。

実際この質問に対する解答で、オーナー側が売却にあたってどれぐらいの知識があるか?売却に対しての温度感が分かります。

また、車に事故歴があるならこのタイミングで必ず伝えておきましょう。

事故歴の有る無しで車の買取額は雲泥の差がつくので、伝え忘れていたとなれば後々トラブルに発展する可能性もあります。

 

②実車査定(30〜40分)

事前商談でのヒアリングが終わると、実際に車を見る実車査定に入ります。

見る項目は主に以下のような内容ですね。

  1. 外装に傷や凹み、塗装の剥げや日焼けによる色あせがないか
  2. タイヤ等の足回りや、車の底辺部分
  3. 内装に汚れや傷、また匂いが付着していないか
  4. フレームに曲がりはないか、また過度の劣化はないか
  5. エンジンは問題なく作動するか、劣化はないか

各部分とも傷や劣化をよく見られる感じです。

特にエンジン部分は車の心臓部分になるので、細かくチェックされる傾向にあります。

買取業者が買い取ったあとに修理が必要な場合、エンジンは何かと額が高くつくので余計に入念に見る感じですね。

 

③買取額の確認(10〜20分)

査定を終えたあと、業者の査定士は本部に車の情報を送り、本部で買取額の算出をし、結果をその場で教えてもらいます。

この時間がソワソワするんですよね〜笑

この間に「僕の経験からいくと大体◯◯万円ぐらいだとおもうんですよね〜」みたいな話をされますがこれも相手からの探りです。

あなたの反応から、この後の交渉でどのぐらいの金額を出せば納得してくれそうかを見ています。

そのため、あくまで「そうなんだ〜」ぐらいの話半分で聞いておきましょう。

 

④交渉(∞)

そして最終的に買取額が決まる交渉です。

なぜ時間が∞かというと、私の友人で買取業者相手に5時間交渉し、クタクタになった業者が一度会社に持ち帰ると言い、後日再度交渉の場を設けることになったからです。

友人もその場でパソコンを出して、他のサイトで見たら◯◯万円だからそれより買取額が低いのはおかしいという内容で交渉したらしいのですが、5時間も粘るのが凄いです。

一般的には30分ほどで落とし所が見えてくるので、友人の場合はあくまでレアケースですが、あなたさえ納得しなければ交渉の時間は何時間にも及ぶということですね。

 

時間がないと買取額は安くなる

上記のとおり、一般的には1~2時間ほどで査定は終わります。

では最大2時間空けておけばOKかというと、そうではありません。

時間が無いほど買取額は安くなる、厳密に言うと買取額において損をする可能性が高くなるのです。

 

 

車の査定は時間のある休日に複数業者に見てもらうのが鉄則

車の査定は時間がとれる休日に、そして複数業者に査定してもらうのが鉄則です。

理由としては・・・

  • 査定は複数業者で相見積もりをとるのが基本
  • 時間がないそぶりを見せると、買い叩かれる恐れがある

この2つが大きな理由です。

ではそれぞれ詳しい内容を書いていきますね。

 

理由1:査定は複数業者で相見積もりをとるのが基本

車を売る際の基本戦略として、1社だけに査定をしてもらって売却をするというのは通常ありえません。

複数業者に査定をしてもらい、それぞれで相見積もりをもらうのが基本です。

そのため、前述の最大2時間空けておくというのは全く間違いで、丸一日空けておくのがベストです。

査定を依頼する業者の数はあまり多いと1日以上かかるので、3~4社ぐらいが一般的ですね。

 

理由2:時間がないそぶりを見せると、買い叩かれる恐れがある

仮にあなたが査定の当日時間がなかったとして、時間がないことが業者に伝わったとしましょう。

買取業者は間違いなく、あなたの愛車を買い叩いてきます。

あなたとしては、早く査定を終わらせて買取額を決めてしまいたい気持ちがあるでしょう。

その気持を逆手にとって「この額が限界ですね・・・」といった感じで、本当はもっと高い額で買い取れるにも関わらず、安い額で契約しようとします。

こういった交渉をしてくる買取業者がいるので、時間には余裕をもったほうがいいのです。

 

査定は休日にまとめてやるのがいい

  • 査定は複数業者で相見積もりをとるのが基本
  • 時間がないそぶりを見せると、買い叩かれる恐れがある

この2つの理由から査定は休日に複数業者まとめてやるのが鉄則ですね。

ただし同じ時間に車の保管場所に来られるのも対応が大変なので、時間は分けた方がいいでしょう。

また、こちらから査定に出向くにしても1日かけてあちこちの買取店を周るのは大変ですよね。

そこでオススメなのが一括査定サービスです。

 

かんたん車査定ガイド

一括査定サービスは複数の買取業者にパソコンやスマホから一度に査定依頼ができるサービスです。

業者同士で相見積もりを取れば、相場の最高額で愛車を売却できるので使わない手はないですよね。

下記は当サイトおすすめの一括査定サイトなので、愛車を売る際に参考にしてみて下さい!

 

愛車を相場の最高額で売却できる!
車の一括査定サービスランキング!

かんたん車査定

かんたん車査定ガイドは、最大10社に見積もり依頼が可能で、車を下取りするより平均16万円お得になるサービスです。

申し込みも45秒のカンタン入力!

下取りよりも最大で65万円以上、査定額が上がった例もあり、愛車を高く売りたい方はかんたん車査定ガイドで決まりです!

ユーカーパック

ユーカーパックは一括査定と違い、オークション形式の車の買取サービスです。

全国の買取業者があなたの車をいくらで買うかをオークションで競うので、必然的に買取額も上がっていきます。

また、一括査定でよくある買取業者からの営業電話は一切ありません。

買取業者との間にユーカーパックが入るので、個人情報が複数の業者に流れることがなく、安心して利用してもらえますよ!

カーセンサー

カーセンサーはあの上場企業であるリクルートが運営する一括査定サービスです。

最大で30社に査定依頼が可能で、事故車や商用車も査定してくれます。

申し込みも90秒で完了するので、ワケアリ車を売りたい時などはカーセンサーがおすすめですよ!

 

どうしても業者との交渉が苦手な方はユーカーパックがおすすめ

ユーカーパック

ユーカーパックは一括査定サービスと違い、車の買取オークションサービスです。

一括査定はあなたの車を複数の業者が査定するので、その分査定に取られる時間もかかります。

 

しかしユーカーパックは一度査定をすると、あとは査定した車の車両情報をもって、全国の買取業者でオークションになるので、そもそも交渉が発生しません。

おまけに業者からの電話営業もなく、あなたの個人情報が複数業者に渡らないこともポイントですね。

買取業者との交渉が嫌!という方はユーカーパックがベストですよ!

 

車の査定にかかる時間まとめ

いかがでしたでしょうか?

車の査定自体は1社だいたい1~2時間かかるのが一般的ですが、だからといって1~2時間で済むという認識をしていると、買取額で損をする可能性がありますね。

そのため査定をするときは必ず休日などのまとまった時間が取れるタイミングで行いましょう。

 

  • 査定は複数業者で相見積もりをとるのが基本
  • 時間がないそぶりを見せると、買い叩かれる恐れがある

特に上記の2つのポイントを知っていると知らないとでは買取額に雲泥の差が付くので必ず覚えておいてくださいね!

「愛車をなるべく高く売るなら査定は休日にする。」これが大原則ですね!

かんたん高額で愛車を売却できる!車の一括査定おすすめランキング

ランキング

ランキング

-車を売るための基礎知識, 車査定の基礎知識

Copyright© 車売るための情報サイト【中古車査定・買取ならイマウル】 , 2018 All Rights Reserved.