中古車査定の超情報サイト

中古車査定ならイマウル

ローンが残ってるけど廃車ってできるの?支払いはどうする?

更新日:

長年乗った愛車が突然壊れて乗れなくなった。

ある日いきなり事故に巻き込まれて廃車にするしかなくなった。

そして残ったのはローンだけ。

車がないのにローンだけはこのまま払っていかないといけないのは正直キツイですよね。

月々の給料でなんとか支払いはできるでしょうが、少しでも生活を楽にしたい気持ちはあるでしょう。

今回はそんなローン中の廃車について書いていきます。

状況によって対応方法も変わるのですが、主に以下のような方に向けて書いています。

 

  • なるべくローンは支払わず、少しでも生活を楽にしたい。
  • 手元に車がないのに、毎月給料からローンの支払いが引かれるとなると憂鬱。
  • ボーナスは服や趣味、別のことに使いたいからボーナス払いをなんとかしたい。

ケースによって、今の状況を即改善することは難しいこともありますが、ケース別で最適解を書いているので、自分の状況に合わせて読んでみてください。

 

 

ローン残がある車の廃車対応は所有権の確認から

ローンが残っている車を廃車にするには、その車の所有権が誰なのか?が重要な点です。

というのもローンが残っている場合、所有権はローン会社になっていることが多く、所有権が自分でない限り勝手に事故判断で廃車にすることはできません。

車という資産の処遇を決めることができるのは、所有権を持っている所有者だけなので、所有者がローン会社になっている場合は廃車や売却、名義変更などもできないのです。

 

そのため、まずは所有権が自分なのか?ローン会社なのか?を確認しましょう。

所有者が誰なのかについては、車検証を見れば記載があるので、まずは車検証を確認します。

所有者については、こちらで詳しく書いているので、合わせて読んでみてください。

 

では、所有者が誰かで変わってくる対応ですが、次項からケース別で書いていきますね。

 

 

所有者が自分の場合はそのまま廃車にしてもいいの?

結論から言うと、そのまま廃車にすることは問題ありません。

しかし、廃車にしたとしても車が手元にないと、女性を遊びに誘うのも億劫になったり、それ以外の私生活の場面でも不便ですよね。

ローンが残っている場合はその後ももちろん支払いは続くので、新しい車を買うこともできません。

そのため、安易に廃車にするのは悪手です。

 

廃車にするにしてもローンを完済して、新しい車を購入できれば、私生活への影響も少なくすみますよね。

何よりも女性を遊びに誘えたり、毎月の給料から余計な出費が生まれることもありません。

そんな夢みたいな方法があるの?と疑問に思われるかもしれませんが、実は1つだけ方法があるのです。

 

それは、車を売却することです。

 

世間一般ではあまり知られていませんが、実は廃車する車であっても売却は十二分に可能です。

現に廃車専門の車買取業者(廃車ラボ)も存在します。

つまり、あなたの車も廃車専門の買取業者に持ち込めば、問題なく売却でき、ローン返済に充てたり、新車を購入する頭金にできるのです。

知らないがために、そのまま廃車にしてしまって、ローンの支払いに喘いでいる人は世の中に多くいます。

廃車であろうと、車自体には価値があり、買取のニーズがあれば車は売れるのです。

 

安易に廃車にせず、まずは無料見積もりで自分の車にどれだけの価値がつくのか調べて見ましょう。

 

無料見積もりはこちら→廃車ラボ

 

 

所有権がローン会社だけど、支払いはなんとかなるの?

所有権がローン会社となっている場合は、事故判断で廃車手続きをすることができません。

じゃあ廃車したいのに廃車もできず、この先ずっとローンを払わないといけないの?というと、そういうことでもありません。

 

ある一点に置いて、状況を改善できる方法はあります。

それは、廃車する車を売却し、ローンを完済することです。

売却額でローンを一括返済できる場合のみ、所有者がローン会社であっても車の売却は可能です。

しかし、そもそも廃車にするのに売れるのか?という疑問が聞こえてきそうですが、結論から言うと売れます。

 

車の買取業者の中には、廃車扱いとなった車を専門的に買取し、海外に輸出&売却して利益を得たり、バラしてパーツごとに売却して利益を得ている買取業者がいるのです。

あなたの車もローンの一括返済が可能であれば、売却してローンもなくなり、動かなくなった愛車も手元から離れ、ゼロからスタートが可能となります。

 

これから毎月ローンを支払いしていくと考えると、廃車宣告を受けた今だからこそ、一度査定をしてどのぐらいの額で売却が可能か見てもらった方が良いでしょう。

一括返済が可能かどうか査定してみる→廃車ラボ

 

 

車を売却しても一括返済ができない場合は?

一括返済ができない場合は、車を売却することはできません。

廃車もできない、売却もできないのにどうすればいいのか?と言う声が聞こえてきそうですが、ローン残がまだまだある場合は素直にローン会社に相談しましょう。

 

ローン会社も鬼ではありません。

車は廃車にして今後もローン残を支払い続けるのであれば、特例で所有権を自分にしてくれることがあります。

また、廃車にするしかないから売却したいなどの状況を伝えると、売却額を全額ローン残に充てることを条件に所有権を自分にしてくれたりする場合もあるようなので、いずれにせよローン会社への相談は必須でしょう。

 

一括返済が無理なのであれば、まずはローン会社に相談することが先決です。

 

 


 

廃車する車を売却してお金にできるかどうかは、所有者が自分かどうかが、最初の別れ道です。

自分が所有者であれば、そのまま売却して、ローン返済に充てるのが最も損のない方法ですが、そうでない場合ももちろんあります。

所有者がローン会社やディーラーだと、ローンの残額を一括返済可能かどうかで、車の売却の可否が変わります。

そのため、残額が一括返済可能かどうか確認するのは必須でしょう。

加えて買取業者へ無料査定の依頼をし、一括返済可能であればそのまま売却。無理ならローン会社へ相談という流れがセオリーですね。

 

所有者によって手続きが変わるので、なんともややこしい部分ですが、ちゃんとセオリー通りに進めた場合、廃車する車をお金に変えてローンを全て返すことも夢ではありません。

 

そのためにも、まずは愛車の価値を知るところから始めましょう。

 

愛車の価値が無料でわかる
一括査定サービスランキング

かんたん車査定

簡単車査定ガイドは、最大10社に見積もり依頼が可能で、車を下取りするより平均16万円お得になるサービスです。

申し込みも45秒のカンタン入力!

下取りよりも最大で65万円以上、査定額が上がった例もあり、愛車を高く売りたい方はかんたん車査定ガイドで決まりです!

ユーカーパック

ユーカーパックは一括査定と違い、オークション形式の車の買取サービスです。

全国の買取業者があなたの車をいくらで買うかをオークションで競うので、必然的に買取額も上がっていきます。

また、一括査定でよくある買取業者からの営業電話は一切ありません。

買取業者との間にユーカーパックが入るので、個人情報が複数の業者に流れることがなく、安心して利用してもらえますよ!

カーセンサー

カーセンサーはあの上場企業であるリクルートが運営する一括査定サービスです。

最大で30社に査定依頼が可能で、事故車や商用車も査定してくれます。

申し込みも90秒で完了するので、ワケアリ車を売りたい時などはカーセンサーがおすすめですよ!

かんたん高額で愛車を売却できる!車の一括査定おすすめランキング

CTA

CTA

-わけありの車を高く売るには?, 車を高く売るポイント

Copyright© 中古車査定ならイマウル , 2017 All Rights Reserved.