車売るための情報サイト

車買取・査定の情報ならイマウル

車の下取りについて

ディーラーで下取りに出した車の行方は?自分の車はどこに行くの?

投稿日:

ディーラーに下取りで引き渡した愛車。

引き渡し後はどこにいくんだろうか・・・なんて気にはなりますよね。

今回はそんなディーラーに下取りに出した後の車の行方について書いていきます。

下取り後の車はまず3つのルートに別れる

下取り後の車の行方
  • 中古車オークションにかけられる
  • 自社の販売店で再販する
  • 廃車にする

基本的には上記の3つのルートにまず分かれます。

それぞれ車の車種や状態、下取り先で変わるので、1つずつ説明していきますね。

 

下取り後は中古車オークションで再販

最も多いケースとしては、中古車オークションにかけられるケースで、国内の中古車オークション市場に出品して再販するというものです。

ディーラーは基本的に下取りした後に、オークション出品による再販で利益を得ています。(と言っても利益は下取額とトントンぐらいです。)

オークション後の流通ルートは後述するので、ここでは『オークションに出されるのか〜』ぐらいで考えてもらってOKです。

 

下取り車を自社の販売店で再販する

自社の販売店で再販するケースというのは、どちらかというと特殊なパターンです。

一般的なディーラーで下取りした時は、自社の販売店で再販するケースというのはほぼありません。

ではどういったケースだとこうなるかというと、外車などの特殊な車両で、外車専門店などに下取りをした場合です。

特定車種の専門業者は、買取(下取り)した車をオークションには流さず自社で再販していることが多いです。

詳しい内容は以下の記事に書いているので、合わせて読んでみてください。

>>外車王のトラブルは多いの?買取と売却について評判や口コミを集めてみました!

外車王のトラブルは多いの?買取と売却について評判や口コミを集めてみました!

外車の買取価格No.1や、買取実績5,000件以上と、外車の買取りにおいて業界No.1とも言える外車王。 外車オーナーであれば、一度はその名前を聞いたことがある人も多いでしょう。 では自分の愛車を売却 ...

続きを見る

 

下取り車を廃車にする

オークションや自社の販売店で再販は不可能な場合、下取り車は廃車となることがほとんどです。

ディーラーはそもそも下取り車の再販がメイン事業ではなく、あくまで新車の販売がメイン。

そのため再販ルートは少なく、オークションに出品できない(出品しても売れない)車は、間違いなく廃車になっていると考えていいでしょう。

まずは上記3つのルートのどれかで下取り車は処分されますが、一番多いケースとしては中古車オークションによる再販です。

国内オークションにかけられ、そこから各車の販売業者などに売却されます。

ここまでは大体の人がイメージできると思いますが、次は下取り車が再販されてからの行方について解説していきますね。

 

 

下取り車の再販後の行方

下取り車の多くは国内中古車オークションで再販されます。

そしてそこで競りの末に買い取られた後の行方は、主に下記の4つのパターンに分かれます。

再販後の行方
  • 中古車として販売
  • 国外へ輸出
  • パーツにバラされてパーツとして販売
  • 鉄クズにしてリサイクル業者に販売

中古車としては販売は、まぁ大体の方がイメージがつくでしょう。

しかしあとの3つはそれほどイメージになかった方もいると思います。

ここではそれぞれを詳しく説明していきますね。

 

下取り車は巡り巡って中古車として販売される

最終的には巡り巡って中古車として販売されるパターン。

下取りとして出してから、早ければ1ヶ月以内に中古車として販売されます。

これは一番多いパターンで、中には下取りに出した車を街中で見かけたことがあるといった目撃例もあるぐらいです。

 

下取り車は最終的に国外へ輸出されいるケースも

一般車両だけでなく、特に国内よりも海外の方が人気のあるハイエースなどのバン系車種は、海外に輸出されます。

車業者は国内だけでなく海外にも販路があり、オークションで競り落とした車を輸出して利益を得ています。

そのためあなたが下取りに出した車は、巡り巡って発展途上国の悪路を元気よく走っている可能性もあるでしょう。

 

動かない下取り車はバラされてパーツとして再販

車体の劣化が激しく売却できない、もしくは動かない車は、バラしてパーツとして再販します。

動かなくなったとしても、まだまだ使えるパーツは残っているので、パーツとして売ると利益は出るということですね。

 

鉄クズにしてリサイクル業者へ再販

たとえば事故にあって全損状態の車でも、オークションに出品されるケースはあります。

一般的な車業者が買うことはありませんが、事故車専門の業者は事故車を買取って利益を出しているので、全損車でも喜んで買い付けします。

そして買い付けたあとは、先のパーツごとにバラすか、どうしようもなければ解体して鉄クズとしてリサイクル業者に販売をしているのです。

下取り車をオークションに出したあとは、上記のように4つのパターンで再販されます。

なので下取りに出したあとは、偶然街中で乗っていた車を見る可能性もありますし、海外で乗られていたりや解体されてパーツや鉄クズとして、どこかの誰かに役立っているということですね。

 

 

ディーラーで下取りに出した車の行方は?自分の車はどこに行くの?まとめ

下取りに出したあとはディーラーの処理の仕方にもよりますが、新しいオーナーの元で元気に走行していたり、パーツや鉄クズとして新しく何かに生まれ変わったりしています。

そのため、あなたが大切に乗ってきた愛車は、今は何かしらの状態で誰かや何かの助けになっているということですね。

かんたん高額で愛車を売却できる!車の一括査定おすすめランキング

ランキング

ランキング

-車の下取りについて

Copyright© 車買取・査定の情報ならイマウル , 2019 All Rights Reserved.