【ノートの買取まとめ】ノートの買取相場はどのぐらい?ハイブリッド車は高く売れるの?

更新日:

2017年のコンパクトカー販売台数1位を記録した日産ノート。

ハイブリッドのe-powerシリーズが出てから販売台数を大きく伸ばした印象です。

もともとノート自体、日産の主力車種のひとつで販売台数も多く、同メーカーの中では人気の車種ですね。

そんなノートですが、売却をする場合はいくらぐらいで売れるのでしょうか?

今回はノートの買取相場や高く売るための方法、失敗しない売却方法について書いていきます。

具体的には・・・

 

  • ノートはいくらぐらいで売れるの?
  • ノートをなるべく高く売りたい!
  • コンパクトカーだからやっぱり売ると安いの?

上記のような疑問を持つ方は、この記事を読むことで、自分のノートがいくらで売れるのか?より高く売るならどうすればいいかわかりますよ!

 

 

ノートの買取相場はどのくらい?ハイブリット車は高く売れるの?

まずはノートの買取相場についてですが、年式×グレード×走行距離でデータを出しました。

 

2010年式のノートの買取相場

グレード 走行距離 買取額
15G 8万km 19.3万円
15G FOUR 8万km 26.8万円
15X SV 8万km 10.9万円
16X 8万km 12.3万円
ライダー 8万km 17.5万円

 

2011年式のノートの買取相場

グレード 走行距離 買取額
15G 7万km 19.4万円
15X SV 7万km 14.8万円
16X 7万km 10.7万円

 

2012年式のノートの買取相場

グレード 走行距離 買取額
S 6万km 20.9万円
X 6万km 21.9万円
ライダー 6万km 27.4万円
MEDALIST 6万km 32.9万円

 

2013年式のノートの買取相場

グレード 走行距離 買取額
S 5万km 30.8万円
X 5万km 32.5万円
ライダー 5万km 39.9万円
MEDALIST 5万km 45.3万円
アクシス 5万km 39.4万円

 

2014年式のノートの買取相場

グレード 走行距離 買取額
X 4万km 40.9万円
ライダー 4万km 47.9万円
MEDALIST 4万km 57.5万円
アクシス 4万km 50.8万円

 

2015年式のノートの買取相場

グレード 走行距離 買取額
X 3万km 49.6万円
ライダー 3万km 58.4万円
MEDALIST 3万km 72.1万円
アクシス 3万km 61.6万円

 

2016年式のノートの買取相場

グレード 走行距離 買取額
X 2万km 55.1万円
ライダー 2万km 70.6万円
MEDALIST 2万km 87.6万円
アクシス 2万km 77.1万円
NISMO 2万km 91.0万円
e-POWER S 2万km 96.2万円
e-POWER X 2万km 110.9万円
e-POWER NISMO 2万km 153.3万円

 

2017年式のノートの買取相場

グレード 走行距離 買取額
S 1万km 83.8万円
X 1万km 90.5万円
MEDALIST 1万km 125.9万円
e-POWER S 1万km 116.5万円
e-POWER X 1万km 122.0万円
e-POWER MEDALIST 1万km 153.8万円
e-POWER NISMO 1万km 166.0万円

買取相場の引用元:ナビクル

ノートのリセールバリュー
3年以内:33%~

5年以内:21%~
ノート(ハイブリッド)のリセールバリュー
2年以内:56%~

上記の各年式の買取額はナビクルから出した数値です。

またリセールバリューの数字は3年のリーセルの場合は「3年前の買取額÷新車価格」で出しています。

ノートといえばここ数年で発売されたハイブリッドシリーズのe-powerの人気が顕著ですが、買取相場でも同様にe-power系は買取額が高い傾向にあります。

反対に3年・5年以内の通常グレードはコンパクトカーと言えどリセールバリューは低い印象です。

ではこのノートを少しでも高く売るにはどうすればいいのでしょうか?合わせて失敗しない売却方法について書いていきますね。

 

 

 

ノートを高く売るためのポイント

  • インテリジェント・アラウンドビューモニターは買取額アップ
  • ブラック・ホワイト・ブルーは10万円アップ
  • 流通量の多い車種はちょっとした汚れでも査定額ダウン
  • 必ず複数の業者で相見積もりを取ること

インテリジェント・アラウンドビューモニターは買取額アップ

インテリジェント・アラウンドビューモニターは、それだけで買取額がアップします。

やはり最新の安全性能ともなると、中古車市場でも人気のオプションで、買取額への影響も大きいですね。

当該オプションはついているだけで買取額が上がるので、査定の際には必ずアピールしましょう。

 

ブラック・ホワイト・ブルーは10万円アップ

ブラック・ホワイトは割とどの車種であっても買取額アップの対象となります。

ただ、ノートはブルーも人気のカラーのため、ブルーを合わせた3色が買取額アップの対象となります。

金額的には概ね10万円ほどでしょうか。

そのカラーの流通量にもよりますが、概ね10万円ほどはアップします。

 

流通量の多い車種はちょっとした汚れでも査定額ダウン

ノートは販売台数が多く、そのぶん中古車市場での流通量が多い車種です。

そのため、個体差が買取額にダイレクトに響くので、ちょっとした汚れや臭いも買取額ダウンとなるのが特徴です。

これを防ぐために、査定前には必ず洗車と掃除をすることで、不用意な買取額ダウンを防げるので、必ず洗車と車内の掃除をしておきましょう。

 

必ず複数の業者で相見積もりをとること

車を売るにあたって、相見積もりを取ることは絶対に必要です。

1対1では相手の言い値が全てになるので、本当にその額が相場から考えて正しい額かはわかりません。

相見積もりは車を高く売る上での大鉄則です。

しかし、相見積もりを取るにしても手間や時間がかかってしまいますよね。

そこでおすすめなのが、車査定・買取の窓口というサービスです。

 

車査定・買取の窓口

車査定・買取の窓口のポイント

  • 一括査定でよくある電話営業がない。
  • 申込みは45秒で終わるので空いた時間で申込みできる。
  • そもそも買取額が高い業者しか紹介しない
  • そのため一括査定のような複数社で競争させる手間がない
  • 査定額に納得がいかない場合はキャンセル可
  • 軽自動車でも納得の買取額を提示してくれる業者を紹介

車査定・買取の窓口は、既存の一括査定の完全上位互換といえるサービスです。

基本的な仕組みとして、申込後にあなたの車を最も高額で買取してくれる業者を紹介してもらえます。

そのため車査定・買取の窓口は、最高額を提示した業者しか紹介しない仕組みのため、業者と交渉する手間と時間をかけることなく、最高額の見積もりがもらえます。

営業電話が嫌!でも高く売りたい!でもめんどくさいのは嫌!という欲張りな方は車査定・買取の窓口で決まりです!

 

 

ノートの買取まとめ

いかがでしたでしょうか?

ハイブリッドではない通常グレードの場合はリセールバリューが低い傾向にありますが、売り方を工夫することでデータ以上の買取額で売れる可能性は十分にあります。

また、ハイブリッド車であれば、需要が高くより高額で売却できるでしょう。

よくあるのが、データが○○だからきっと安く売れる・・・という考えに陥ってしまパターンです。

確かにデータはある程度参考になりますが、実際に査定するとデータ以上の買取額が出るのはザラなので、あくまでデータはデータと考えておくのがいいですね。

車種やグレード、年式や車の状態など、買取額を決める要素は多々ありますが、売り方で買取額が大きく変動するというポイントはわすれないようにしてください。

かんたん高額で愛車を売却できる!車の一括査定おすすめランキング

ランキング

ランキング

-車種別の買取相場

Copyright© 車売るための情報サイト【中古車査定・買取ならイマウル】 , 2018 All Rights Reserved.