【ディグニティの買取まとめ】初代・2代目ディグニティはいくらで売れる?

更新日:

日本車の中でも特に生産台数が少ないディグニティ。

初代は1年だけの生産でしたし、2代目も生産年が2012〜2016年とわずか4年ほどで生産終了になっています。

そういった背景から、市場的に見てもディグニティはかなり希少価値の高い車ですが、いざ売るとなると高額で売れるのでしょうか?

今回はそんなディグニティの買取について書いていきます。

 

具体的には・・・・

  • ディグニティを売りたいけど、ちゃんとした額で売れるか不安・・・
  • ディグニティを高く売る方法を知りたい。
  • このまま乗りつぶすべきか、売ってお金にするか判断したい。

上記のような不安や悩みを抱えている方は、この記事を読むことで最適な売却方法がわかりますよ!

 

ディグニティの買取相場はいくらぐらい?希少価値が高いから高く売れるの?

市場にはほとんど出回っておらず、そのぶん希少価値が高いディグニティ。

しかし、売却するとなると買取額はいくらぐらいになるのでしょうか。

ここではディグニティの初代と2代目をそれぞれ分けて、買取額を紹介しますね!

 

初代ディグニティの買取額

参考:カーセンサーより

初代ディグニティの現在の買取相場
平均買取相場:126.4万円

平均走行距離:20.1万km

現状初代のディグニティでも、生産から10年以上経っているにも関わらず、平均買取相場が126万円とかなり高めです。

一般的な車両であれば、年式が10年落ちの場合は買取額が100万円以下になることはザラです。

しかしディグニティは初代であっても100万円以上の買取額がつくので、市場で見るとかなり高額で取引される車ということになります。

 

2代目ディグニティの買取額

参考:カービューより

2代目ディグニティの現在の買取相場
平均買取相場:204.4万円

平均走行距離:10万km

2代目のディグニティだと、現在の平均買取相場は200万円を超えます。

元が高価な車種なので、売却時も高額なのは普通・・・と考えますが、それは間違いです。

一般的に200万円以上で買取してもらえるのは、年式が浅く、傷などの劣化がないものに限ります。

しかし、上記の車種は2012年式で走行距離も10万km。

つまり、2代目ディグニティは年式等関係ないほど市場価値が高く、高額買取の可能性が高い車種なのです。

ハイブリッド車というのも理由の一つ

2代目ディグニティの買取額が高い理由の一つとして、ハイブリッド車というのがあります。

これは間違いではなくて、2018年にエコカー減税の適応範囲が縮小されますが、まだまだエコカー人気は衰えていません。

免税になる範囲は狭まりますが、それでも75%の免税が適応されたりと、まだまだエコカー減税は有効なのです。

このように、「ハイブリッド車だから」というのも2代目ディグニティの買取額が高い理由となります。

ディグニティは初代・2代目ともに買取相場が比較的高い車種といえます。

元の値段が高いという点もありますが、一番はその希少価値の高さから来るものでしょう。

そんなディグニティですが、より高額で売却するにはどうすればいいのでしょうか?

次はディグニティを高額で売る方法について書いていきますね。

 

 

かんたん高額で愛車を売却できる!車の一括査定おすすめランキング

ランキング

ランキング

-車種別の買取相場

Copyright© 車売るための情報サイト【中古車査定・買取ならイマウル】 , 2018 All Rights Reserved.